海の日に

多分、客としてバーにイチバン入り浸っていた時期に、カウンターの内と外とで遊んでくれたバーテンダーからのメール。
ちょっと前に電話はしたけど、会うのはかれこれ1年ぶりか。
彼を指されて「あれって、お兄さん?」と呼ばれて凹んだのは何年前だっけか。
「20日にサザンを手伝うから空いてたら空けといて」
ついつい3年前を思い出す。
パーティの準備をしながら花火を見たあの夏。
笑顔で働く妹分の姿とマスターの息子たちの姿も、自然と鮮明に浮かび上がる。
あれからお互いに随分と居る場所は変わったけど、ホントの意味での友達だってコトには変わりはないはず。
まだ兄弟と言われるような似た雰囲気をお互いに持っているかな、なんて考えてみただけで笑みがこぼれる。
広がった距離をじっくりと噛み締めながら、笑って彼と再会したいと切に願う。

月曜から違和感のあった喉。
とうとう昨日の朝から発熱へと進化しました。
ちゃんと働いてますが、へろへろです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

sakura

桜

春の色。
参道に咲く華。
雨が上がれば季節が移る。

up

瓶の群れ

旧いアメリカンロック。
深い琥珀色をした苦い炭酸水。
自分を取り戻すために必要な時間。

JPN cat day

麦酒

乾杯
嬌声
猫の日の為に

gradation

掛かる月

また明日。
夕飯の香り。
落下する夜。

overpass

歩道橋

深夜零時の散歩道
風は藍色
夜の音は白

carved seal

灯り

刻みたい。
記憶に、気持ちに、感情に。
少しでも、自分の痕を。

蒼月

月を探すのが好き
青空に架かる昼の白い月も
凍てついた夜空に蒼く灯る月も

新年イヴ

カフェカウンター

乾杯。
去年と今年と来年の間に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

硝子色の朝

カラフェの日本酒

いただきます。
ごちそうさま。
食卓の温度。

rain,night,tomorrow

雨の路面

雨音。
夜の声。
明日、晴れるかなぁ。

candles

箱の中の蝋燭


「自分らしく、したいことをすればいい」
それは実に無責任なアドバイスで、 Details »

stand

川

好みの立ち位置というのが誰しもあると思うのです。
2番手でいるのが良かったり、真ん中が心地よかったり、浮いてるか沈んでるかが良かったり、 Details »

yellow magic

キイロ

Eagle,Shark,Panther.
カレーが好き。
ヒーローの色はキイロ。

maybe rain

信号機

本を開く。
言葉を紡ぐ。
雨の日の為に。

cherry

櫻色

感謝と哀悼と。
生と死の交錯する日。
列に並ぶのはもう少し先。