イメージ

スーツでバーカウンターにいる。
こういうイメージがオレには当てはまるらしいです。
オンラインはもとより、バーで知り合った多くのオフラインの知り合いにも言われるから、よっぽどアレなんでしょう。
ふらふらとカバンも持たずにバーに入ってくる方が強く印象付けられるのか、休日にはジーンズスタイルでも遊びに行ってるんですけどね。
たしかにファミレスは苦手だし、居酒屋に行くとはしゃぎますけど、コジャレたバーに入り浸ってるわけじゃありませんから。
それ以前にコジャレたバーには行きません。
口の悪い客とスタッフがいて、カクテルは標準レベルかそれより少し下、スタイルにこだわるオヂサマには酷評されるようなお店が好きなんです。
残念ながらスタッフに熱さがない場合は好きにはなれませんけども。
ああ、脱線した。
なんつーのか、サイトのイメージだけでコジャレたお兄さんを想像しないでねってコトが言いたかったんです。

***

昨夜の暴風は、春雨を振り払い潮の香を運んできた。
今朝の日の出は、桜のつぼみの膨らみを静かに照らし出した。
春の訪れを目と鼻で感じる。
今日はコートを脱いで出かけよう。

コメントはまだありません »

コメントを残す

sakura

桜

春の色。
参道に咲く華。
雨が上がれば季節が移る。

up

瓶の群れ

旧いアメリカンロック。
深い琥珀色をした苦い炭酸水。
自分を取り戻すために必要な時間。

JPN cat day

麦酒

乾杯
嬌声
猫の日の為に

gradation

掛かる月

また明日。
夕飯の香り。
落下する夜。

overpass

歩道橋

深夜零時の散歩道
風は藍色
夜の音は白

carved seal

灯り

刻みたい。
記憶に、気持ちに、感情に。
少しでも、自分の痕を。

蒼月

月を探すのが好き
青空に架かる昼の白い月も
凍てついた夜空に蒼く灯る月も

新年イヴ

カフェカウンター

乾杯。
去年と今年と来年の間に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

硝子色の朝

カラフェの日本酒

いただきます。
ごちそうさま。
食卓の温度。

rain,night,tomorrow

雨の路面

雨音。
夜の声。
明日、晴れるかなぁ。

candles

箱の中の蝋燭


「自分らしく、したいことをすればいい」
それは実に無責任なアドバイスで、 Details »

stand

川

好みの立ち位置というのが誰しもあると思うのです。
2番手でいるのが良かったり、真ん中が心地よかったり、浮いてるか沈んでるかが良かったり、 Details »

yellow magic

キイロ

Eagle,Shark,Panther.
カレーが好き。
ヒーローの色はキイロ。

maybe rain

信号機

本を開く。
言葉を紡ぐ。
雨の日の為に。

cherry

櫻色

感謝と哀悼と。
生と死の交錯する日。
列に並ぶのはもう少し先。