恋の終わり

オレにとっては相手が死んだ時。
物理的に死んだ時ではなく、自分の中でその相手が死んだと認識された時。
人間関係の終わりとも言える。
オレにとって恋っていうのはそれくらいの重みがある。
人を好きになるのに腰が重いのはそんな理由から。
降って沸いたように愛は発生しないし、恋も芽生えない。
人を好きになるのには覚悟がいる。
軽いオトコを演じてみても、それだけはいつも変わらない。
エロいカッコのおねいさんを見たら、素でキャーキャー騒いでますけどね。

***

甘え。
年上と接するのが好きだった。
それは年齢層が上の世界にいたからというだけじゃなくて、ある種の甘えとかそういうものを求めていたからなんだろうと思う。
実際のところ、オレが顔を出す場所にいる遊び慣れた大人はステキ。
絶対的に頭が上がらないわけじゃないけど、諫めてくれる言葉や行動でどれだけ救われたか分からない。
これから先もそんなステキな大人たちに甘えてしまうんだろうけど、これからはそういった甘えを何かに昇華できるようにしていきたい。
いつまでもガキの振りをして甘えてばかりはいられない。

***

なんだか自分でもよく分からないことを書いています。
書こうとした内容と、書きあがった内容にギャップがあるんですが、昨日からオレってばおかしいですかね?
最初からだろうっていう突っ込みはあっさりスルーしますが。

***

東横線。
横浜~桜木町間がなくなってしまうのですね。
個人的に思い入れのある区間だけに、どうしてそこだけなの!?という気持ちでいっぱいです。
色んな場所が変わってしまって、なんだか寂しくなるな…。

コメントはまだありません »

コメントを残す

sakura

桜

春の色。
参道に咲く華。
雨が上がれば季節が移る。

up

瓶の群れ

旧いアメリカンロック。
深い琥珀色をした苦い炭酸水。
自分を取り戻すために必要な時間。

JPN cat day

麦酒

乾杯
嬌声
猫の日の為に

gradation

掛かる月

また明日。
夕飯の香り。
落下する夜。

overpass

歩道橋

深夜零時の散歩道
風は藍色
夜の音は白

carved seal

灯り

刻みたい。
記憶に、気持ちに、感情に。
少しでも、自分の痕を。

蒼月

月を探すのが好き
青空に架かる昼の白い月も
凍てついた夜空に蒼く灯る月も

新年イヴ

カフェカウンター

乾杯。
去年と今年と来年の間に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

硝子色の朝

カラフェの日本酒

いただきます。
ごちそうさま。
食卓の温度。

rain,night,tomorrow

雨の路面

雨音。
夜の声。
明日、晴れるかなぁ。

candles

箱の中の蝋燭


「自分らしく、したいことをすればいい」
それは実に無責任なアドバイスで、 Details »

stand

川

好みの立ち位置というのが誰しもあると思うのです。
2番手でいるのが良かったり、真ん中が心地よかったり、浮いてるか沈んでるかが良かったり、 Details »

yellow magic

キイロ

Eagle,Shark,Panther.
カレーが好き。
ヒーローの色はキイロ。

maybe rain

信号機

本を開く。
言葉を紡ぐ。
雨の日の為に。

cherry

櫻色

感謝と哀悼と。
生と死の交錯する日。
列に並ぶのはもう少し先。