スカル 5107XX

デニム大好きなオレですが、中でも2年半ほど前に購入したブーツカットがたまらなく好きです。

購入した当時は海外モノかヴィンテージ復刻ブームのユーズドで股下の足りる物を見つけて大喜びしていた時期だったので、国内ブランドでなおかつブーツカットなんて代物に出会えた感激は一入でした。
ブーツカットの脚長効果は未経験でしたが、試着室の鏡に映るその胡散臭い長さには感動…、いえ、むしろある種の奇形を見るような違和感がありました…。
とはいえ、穿いたことのなかったシルエットに感動したものです。

かれこれ2回のリペアを越え、心無い人が見ればボロ布の様相を呈してきたジーンズですが、シルエットも色落ち感にも文句はありません。
まさに自分好みに育ってくれたといった感じで、もっと早くに買っておけば良かったと素直に思ったくらいです。

ただ、未だにコイツの二代目を購入するに至らない理由が1つだけあります。
2年半で2回のリペアをしたにも関わらず、その後クォーターを経ずしてリペアが必要な綻びが…。
ヒゲやハチノスに拘るような無茶な穿き方はせず、それこそ愛好家には怒られそうな週1ペースで洗っているはずなんですが、なんだかオンスの重さに反比例して脆いような気がします。
これだけ何とかなればなぁってのは高望みでしょうかね…。

何はともあれ、探し回っても良いデニムが見つからなかったことを考えれば、御の字ですが。
また市場から姿を消す前に買っておいた方が良いかもしれませんな。

コメントはまだありません »

コメントを残す

sakura

桜

春の色。
参道に咲く華。
雨が上がれば季節が移る。

up

瓶の群れ

旧いアメリカンロック。
深い琥珀色をした苦い炭酸水。
自分を取り戻すために必要な時間。

JPN cat day

麦酒

乾杯
嬌声
猫の日の為に

gradation

掛かる月

また明日。
夕飯の香り。
落下する夜。

overpass

歩道橋

深夜零時の散歩道
風は藍色
夜の音は白

carved seal

灯り

刻みたい。
記憶に、気持ちに、感情に。
少しでも、自分の痕を。

蒼月

月を探すのが好き
青空に架かる昼の白い月も
凍てついた夜空に蒼く灯る月も

新年イヴ

カフェカウンター

乾杯。
去年と今年と来年の間に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

硝子色の朝

カラフェの日本酒

いただきます。
ごちそうさま。
食卓の温度。

rain,night,tomorrow

雨の路面

雨音。
夜の声。
明日、晴れるかなぁ。

candles

箱の中の蝋燭


「自分らしく、したいことをすればいい」
それは実に無責任なアドバイスで、 Details »

stand

川

好みの立ち位置というのが誰しもあると思うのです。
2番手でいるのが良かったり、真ん中が心地よかったり、浮いてるか沈んでるかが良かったり、 Details »

yellow magic

キイロ

Eagle,Shark,Panther.
カレーが好き。
ヒーローの色はキイロ。

maybe rain

信号機

本を開く。
言葉を紡ぐ。
雨の日の為に。

cherry

櫻色

感謝と哀悼と。
生と死の交錯する日。
列に並ぶのはもう少し先。