光ノ珠

肌を刺す風。
耳につく雑踏。
ノエルの匂い。

4 Comments »

  1. Kei Arima より:

    昨夜は飲み過ぎ。どうでもいいようなことをメールしました。
    ノエルと言うにいさんに、冬のパリの街で見るべきところと
    スペインとかイタリアとかのオススメの街を聞いてみたかったのにね。
    暮れに横浜に行って以来、綺麗な亡霊が肩に座っている。
    「おっちゃん、頑張って」って言ってんのかな。
    ダメだ。牛乳にハーパーはダメ。

  2. より:

    「自分の見たいものを見る」
    他人の感性より自分のそれを信じた方が、行き当たりばったりの方がきっと楽しいと思います。
    カウボーイに限らず、ハードリカーを割ったものは悪酔いします。
    お気をつけください。

  3. Kei Arima より:

    そうだねえ。ありがとう。
    自由な旅も、暮らしも、そして別れも
    きついことが多かったはずなのに
    時の流れに洗われて
    そこにあるのは美しいものばかり。
    ここで見る写真は、そんな夢の断片のようだね。

    写真を見ながら飲みましょう。
    あっ、昼なんで、コーヒー。
    さて、繰り言はこの辺で。
    また、来年。
    にいさんや、にいさんの家族に良いことがありますように。
    私と彼女にもね。

    余談ですが、写真のにいさんは私の妹によく似ています。
    ちなみに妹は私よりずいぶん年下で、最近活躍しているスケートの
    若い選手(男)にも似ています。
    私と妹は全く似ていないので兄さんと私は全然似ていません。
    安心してください。

    ありがと。またいつか。

  4. より:

    時を経れば良いことも悪いことも、甘美な雰囲気に変わるのかもしれませんね。
    ありがとうございます。
    お互いに良いことがありますように。

    この写真はイメージです。実物とは異なる可能性があります。
    とはいえ、男顔ということはきっと綺麗な方なんですね。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

sakura

桜

春の色。
参道に咲く華。
雨が上がれば季節が移る。

up

瓶の群れ

旧いアメリカンロック。
深い琥珀色をした苦い炭酸水。
自分を取り戻すために必要な時間。

JPN cat day

麦酒

乾杯
嬌声
猫の日の為に

gradation

掛かる月

また明日。
夕飯の香り。
落下する夜。

overpass

歩道橋

深夜零時の散歩道
風は藍色
夜の音は白

carved seal

灯り

刻みたい。
記憶に、気持ちに、感情に。
少しでも、自分の痕を。

蒼月

月を探すのが好き
青空に架かる昼の白い月も
凍てついた夜空に蒼く灯る月も

新年イヴ

カフェカウンター

乾杯。
去年と今年と来年の間に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

硝子色の朝

カラフェの日本酒

いただきます。
ごちそうさま。
食卓の温度。

rain,night,tomorrow

雨の路面

雨音。
夜の声。
明日、晴れるかなぁ。

candles

箱の中の蝋燭


「自分らしく、したいことをすればいい」
それは実に無責任なアドバイスで、 Details »

stand

川

好みの立ち位置というのが誰しもあると思うのです。
2番手でいるのが良かったり、真ん中が心地よかったり、浮いてるか沈んでるかが良かったり、 Details »

yellow magic

キイロ

Eagle,Shark,Panther.
カレーが好き。
ヒーローの色はキイロ。

maybe rain

信号機

本を開く。
言葉を紡ぐ。
雨の日の為に。

cherry

櫻色

感謝と哀悼と。
生と死の交錯する日。
列に並ぶのはもう少し先。