わがまま

その旗を掲げるには覚悟がいる。
勇気ではなく覚悟だ。
その種類の旗は掲げたが最後、短期間では下ろすことを許されない。
コトによると一生涯掲げ続けなくてはならないのかもしれない。
それでも旗は掲げたい。
オレの心に響いたステキな台詞がある。
「わがままを言うにはそれなりの腕がいる
 でも、腕があったところでその腕に心がなくちゃ意味がない」
心があるヤツは自分勝手なわがままは言わないもんだというのは暗に分かる。
台詞の主はシェーカーを振れないバーテンダー。
シェーカーを振らないコトを周囲に認めさせるだけの料理の腕と話の上手さが、その人には備わっている。
わがままの意味を取り違えないよう、オレは彼の台詞を思い出す。
わがままだと悪ぶりながら、しっかりと色々こなしてこれからも過ごしていこうと思う。
損はするかもしれないけど、そういうのがオレらしいと思うから。

***

すっぴん。
言うまでもないが、かなりの面食いだ。
もちろん自分のコトは棚に上げておきますけどね…。
でも顔が可愛いとかキレイなら良いって物ではないのです。
どうしてかっていうと、化粧で女の子がどれだけ化けられるかを知ってるからね。
もう「特殊メイクしてるんじゃねーのか、オイ!」というくらいに化けるコって案外多いからね。
もう化粧前後のギャップといったら犯罪級ですよ、奥さん。
というわけで、ボクはすっぴんを推奨します。
まあすっぴんといっても、眉と唇くらいはメリハリつけるのに色入れるのも良いとは思いますけどね。
基礎化粧だけの方がよっぽど肌のピチピチ感がたまらないという個人的見解。
広告撮影用に絵の具塗ったくったトマトより、畑でもぎ取ってちょっと水で洗っただけのトマトの方が美味しいと思うのですよ。

***

コートニー・ラヴ、相変わらず暴れてますね。
らしいと言えばらしいんですが、チャリティコンサート出演前なんだからさぁ…。
それにしても、ロッカーとイギリス航空会社ってよく揉めてる気がするのは気のせい?

コメントはまだありません »

コメントを残す

夜櫻

夜桜

春色の空。
彼の人の居ない其処。
いつしか一回り。

サクラアメ

ヤマザクラ

花散らしの降る前に。
白い色と葉の緑。
「また春が来たよ」

春の音

サクラ

口に出して納得したこと。
「オレからイチバン遠い季節」
腑に落ちた。

black out

パン屋の窓

暗転の恐怖。
あの夏の記憶。
静かな雨は福音。

7年分の遠回り

ボトルの壁

長く曲がりくねった道。
グラスに火酒と琴酒を同量入れて。
もう少しだけ遠回り。

記憶

RED

一回り。
辿る起源。
記憶にはない場所。

Ace

backbar

ジャズスタンダード。
スタンダードカクテル。
永く愛されるには理由がある。

帳の降りた頃

宝石箱

I will meet you in some place,
where the light lends itself to soft repose.
I will let you undress me.

itsuki

樹

いつかの乾杯。
暑い日のそれと。
寒い日のそれと。

rosso

almagro

red, red wine.
stay close to me.
don’t let me be alone.

桃色雲

桃色雲

leave me alone it’s nothing serious.
I’ll do it myself.
it’s got nothing to do with you…

オレンジ

寒空と夜の匂い。
いつもより沢山彼らと話をする。
きょうは猫の日。

看板

場末感

吹き抜ける風。
安酒の温度。
嬌声は遠く。

line

line

1本なら減算。
2本なら加算。
斜めにすれば乗算。

鉄の扉

倉庫

忘れたつもり。
閉じ込めたつもり。
でも、最初からそこには何もない。