自慢じゃないが面食いである。
見た目が良ければ性格の悪さなんてどうでもいい。
むしろ顔が悪くて性格の良い人を見たことがない気がするのです。
そして顔のパーツでフェチなのは、目でも耳でもなく口だったりする。
小さな口は好きじゃなくて、デカイ口と前歯が好き。
歯だけ見ればガチャピンがストライクゾーンど真ん中。
でも普段は笑ってでもいなければ口とか前歯の本当の大きさは分からないので、「この娘って好みかも」と直感的に思うポイントは厚めの唇だったりする。
ぷるんとした重厚な感じが好き。
そういう唇の娘のアゴを持ち上げてキスするときの、ぷにゅって潰れる感じがたまらなくステキ。
というわけで、なんだか咬みつくようなキスをしたい気分です。

***

友と酒。
飲む口実に誰かに会うのか、誰かに会う口実に飲むのか。
個人的に相手に気がある場合には後者、それ以外は前者です。
気があるっていうのは、友達・恋人・親兄弟・話し相手・夜の相手のいずれも含むという広意で捉えてくれるとしっくりするかもしれません。
基本的に酒自体はそれほど詳しくないし、味や香りを語るだけの味覚も嗅覚もないですし。
それに美味い酒よりも楽しい酒を好みますから、友達やスタッフと会うために飲みに行く方が多いです。(空腹時はフードメニューに惹かれてということもあり)
実際のトコ、自分でもそこらの見習いバーテンダーレベル以上のカクテルならつくれますし、よほど珍しいモルトじゃない限りは酒屋で買った方が安いですし。
雰囲気を楽しむっていうのも入れるべきなんだろうけど、居酒屋みたいなガヤガヤ感と明るい照明さえなければ落ち着いて飲めるタイプなので、部屋の照明を落として静かな音楽でもかければ家飲みでも満足なのです。

***

来週センター試験の若者たち、最後の追い込み頑張ってね。
ってこんなサイト見てない・・・よね?

コメントはまだありません »

コメントを残す

夜櫻

夜桜

春色の空。
彼の人の居ない其処。
いつしか一回り。

サクラアメ

ヤマザクラ

花散らしの降る前に。
白い色と葉の緑。
「また春が来たよ」

春の音

サクラ

口に出して納得したこと。
「オレからイチバン遠い季節」
腑に落ちた。

black out

パン屋の窓

暗転の恐怖。
あの夏の記憶。
静かな雨は福音。

7年分の遠回り

ボトルの壁

長く曲がりくねった道。
グラスに火酒と琴酒を同量入れて。
もう少しだけ遠回り。

記憶

RED

一回り。
辿る起源。
記憶にはない場所。

Ace

backbar

ジャズスタンダード。
スタンダードカクテル。
永く愛されるには理由がある。

帳の降りた頃

宝石箱

I will meet you in some place,
where the light lends itself to soft repose.
I will let you undress me.

itsuki

樹

いつかの乾杯。
暑い日のそれと。
寒い日のそれと。

rosso

almagro

red, red wine.
stay close to me.
don’t let me be alone.

桃色雲

桃色雲

leave me alone it’s nothing serious.
I’ll do it myself.
it’s got nothing to do with you…

オレンジ

寒空と夜の匂い。
いつもより沢山彼らと話をする。
きょうは猫の日。

看板

場末感

吹き抜ける風。
安酒の温度。
嬌声は遠く。

line

line

1本なら減算。
2本なら加算。
斜めにすれば乗算。

鉄の扉

倉庫

忘れたつもり。
閉じ込めたつもり。
でも、最初からそこには何もない。