睨み

目には強い力があります。
目は口ほどにものを言うとはよく言ったものです。
目の表情だけで心境の変化や相手への態度は簡単に見抜けるものですからね。
好意ある相手を見やるときには目は優しい光を帯びるし、敵意や軽蔑というものが含まれれば冷たい眼差しになるのは間違いないです。
誰かを見る時は自分の顔の表情だけでなく、目の表情にも気を遣わないとなと改めて思いました。
ちょっと肩が触れていたくらいで、電車を降りる際にオレを睨んでいったオジサンの目には憤りとうだつのあがらない人生の悲哀がにじみ出ておりました。
何て言うのか、睨み返されて慌てて視線そらして逃げるようにして降車するくらいならつまらないことで相手を睨んではいけないと思うのです。
睨みつけることで敵意を見せるからには、それ相応の覚悟といった類のものを持って望むべきなのだと思うのですわ。

***

1人飲み、結構多いです。
モルトとかブランデーをたらたらと部屋飲みしたりするのとか。
好きな音楽をかけたり、たまには好きなDVDを流しながら。
だらだらと深夜まで眠るようにして飲むのってキライじゃないです。
考えてみれば、バーに行くのもほとんどピンですしね。
ただバー飲みの場合は飲み始めはほとんど1人のはずなんですけど、気がつくと見知らぬ4人くらいでグループになってたりしてというのはいつものことですが不思議なものです。
さすがに一見の店ではスタッフをいじくるくらいなんですけど、2度目以降の店はオレがかなり常連客にいじくられて、無駄に盛り上がってしまったりするのですわ。
常連な店では悩み相談係になってしまっている感が強かったりしますし。
とりあえず外では大人ちっくな飲み方ができない体質らしいです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

赤柵

red fence

引き返すも良し。
立ち止まるも良し。
乗り越えるも良し。

ミドリ

ミドリ

進むことを許す色。
進むか否かは自分の意志。
大事なのは勘違いしないこと。

まんまる

7th heaven

Would I use them to get back on track?
Stop to warm at karmas burning,
Or Look ahead, but keep on turning.

born drunk

early times

I’ve wasted my nights.
you turned out the lights.
now I’m paralyzed.

in the dark

spot lights

Turn up the lights in here.
Extra bright, I want y’all to see this.
You know what I need.

Now turn away

close 28:00

The rain will kill us all.
If we throw ourselves against the wall.
But no one else can see.

空に星が綺麗

星とランタン

Look at me now.
I’m broken.
Inherit my life.

靴音

裏通り

寂れた店
響く靴音
裏通りの温度

door

door

sometimes life is not fair.
sometimes I want to quit.
but am I close to you, close to you.

the world

夕凪の色

違う色。
違う音。
世界なんてそれだけで変わる。

白雪

煉瓦

午前零時の音。
雪待ちの温度。
脳はずっと冷えている。

蝶の飛ばない日

蝶々

I know why youre angry about
Cuz I that was used to be
That’s how I used to be

gray

灰色

I feel my heart is getting lost
someone says you don’t have a chance
to restart the life that you never had

different

海月

Never say you know me.
You never know who I am.
I don’t wanna be like you.

R134

夜の音。
響く海鳴り。
幼い日に諳んじたのは七草。