re:born

嬌声と乾杯と。
遠回りの途中。
紡ぐのは記憶。

6 Comments »

  1. Kei Arima より:

    元気ですか。
    赤と黒が美しいです。
    こんな風に重い門扉の向こうには
    思いもしない風景が広がっていたりします。
    花と小さな噴水の中庭があり、ラジオから流れるものなのか
    実際に歌っている人がいるのか、手拍子と歌とギターの音が聞こえてくるのです。
    夏の日曜日に、久しぶりに横浜に行きました。平日と違って人が多く、混んでいましたが
    夏の華やかな雰囲気に気分が高揚しました。人が多いのも悪くないなと思うと同時に
    そんな時しか街を歩けなかった日々を懐かしく思いました。
    元気ですか。周りの人も。いいことがたくさんあるといいですね。
    相変わらず妄想で飯を食うといった贅沢な仕事をしています。
    もう少し稼ぎがあったら、と思うのはさらに贅沢でしょうかね。
    美しく、懐かしいような気がする写真でした。
    どんな遠回りをしているんでしょうね。

  2. より:

    夢を喰うのは獏。
    妄想でメシを喰うのはクリエイター。
    でも、稼ぎが増えれば増えただけのクリエイティブが生まれるわけでもないでしょうし、創造物に愛着があればそれは身の丈に合っているんじゃなかろうかなとか。

  3. Kei Arima より:

    創造物にはこのうえない愛着があります。
    何もないところから物が生まれる。錬金術よりすごい?
    私は以前は職人だったので、まずクライアント次第という状況でしたが
    今の仕事は不特定多数に放つもの。全く相手にされないか、もてはやされるかどっちかです。
    クリエーターというのは職人とアーティストの中間のような感じがします。
    職人よりは柔軟性があり、アーティストほど傲慢じゃない、そんな感じかな。
    コメントありがとう。

  4. より:

    自分の才能や時間を媒介にするだけに等価交換かもしれません。
    誰でもクリエイターになり得るし、クリエイティブって芸術や技術の結晶だけでなく、営業活動やそういうことに関しても言うのじゃないかなと思う次第。

  5. Kei Arima より:

    ああ、そうだなあ。いかに売るかも大事な要素ですね。
    そういう面ではわりと恵まれた環境にあるかもしれない。
    最近明け方まで仕事という生き方から足を洗ったんで妄想がうまくいかないな。
    自分の人生に「朝の部」ができるとは思わなかった。
    もちろん走ったりはしないけどねw
    あっ、写真の感想から逸脱しているね。ごめん。

  6. より:

    いいものが売れるというのは幻想ですしね。
    「朝の部」を設けると1日が長くなる気がします。
    なかなか設けられませんけどもw

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

赤柵

red fence

引き返すも良し。
立ち止まるも良し。
乗り越えるも良し。

ミドリ

ミドリ

進むことを許す色。
進むか否かは自分の意志。
大事なのは勘違いしないこと。

まんまる

7th heaven

Would I use them to get back on track?
Stop to warm at karmas burning,
Or Look ahead, but keep on turning.

born drunk

early times

I’ve wasted my nights.
you turned out the lights.
now I’m paralyzed.

in the dark

spot lights

Turn up the lights in here.
Extra bright, I want y’all to see this.
You know what I need.

Now turn away

close 28:00

The rain will kill us all.
If we throw ourselves against the wall.
But no one else can see.

空に星が綺麗

星とランタン

Look at me now.
I’m broken.
Inherit my life.

靴音

裏通り

寂れた店
響く靴音
裏通りの温度

door

door

sometimes life is not fair.
sometimes I want to quit.
but am I close to you, close to you.

the world

夕凪の色

違う色。
違う音。
世界なんてそれだけで変わる。

白雪

煉瓦

午前零時の音。
雪待ちの温度。
脳はずっと冷えている。

蝶の飛ばない日

蝶々

I know why youre angry about
Cuz I that was used to be
That’s how I used to be

gray

灰色

I feel my heart is getting lost
someone says you don’t have a chance
to restart the life that you never had

different

海月

Never say you know me.
You never know who I am.
I don’t wanna be like you.

R134

夜の音。
響く海鳴り。
幼い日に諳んじたのは七草。