旅行記

つーわけで、ザヨコの格安プランで1泊2日してきました。
のんびりとお茶を飲み、観覧車に乗り、買い物をしてって普段と変わらないことをやってきたんですけど、帰る場所が近いってことでのんびりとバーを楽しんできました。

***

ステキな兄貴分のところで、いつも通りにカミカゼをスピリタスで3発やって、メニュー落ちしたオムライスをムリヤリ頼んで作ってもらってしまったり。
前の店で禁止されていたジャックターの禁止令を解いてもらって1発強めにいただいて、1軒目は〆。
ハッキリ言って、この時点で前日のオフの酒量をはるかに越えてました。
50度近いカミカゼって、繊細な甘さを不思議と感じられるので好きなのです。

***

何年もお世話になってるバーに顔だけ出して、マスターの口から店を閉める時期を直接聞いて、ああホントに終わるんだなと実感してしまいました。
色んな思い出が詰まった店だけに残念ですが、マスターが決めたことだから仕方がないです。
最後の最後にパーティでもできればなんて言ってたので、締めくくりのパーティには派手に参加してきたいなと心に誓った次第です。

***

最後に中華街のバーテンダーの溜まり場みたいな店で、リニアを皮切りに軽く飲んでみたり。
「たまにはスーツじゃないのも新鮮ですね」なんて半年近く会ってないやつに言われながら、だらだらと楽しく飲んでました。
帰りの心配がないってのはやっぱりサイコーですね。
帰りがけにコンビニでお茶を買ってホテルに戻ると、エレベーターの改修作業をやっていて、当然のごとく「なんでこんな時間に?」という目で見られながら部屋へと向かいました。

***

旅行というには近場で、よく顔を出しすぎるところでしたが、なかなかに充実した休みを満喫したって感じです。
唯一不満があるとすれば、ホテルのベッドから足先がはみ出てしまったことでしょうか。
リニューアルの際にヨーロピアナイズしたのが売りじゃないのかぁ~、と突っ込みたくなったのはナイショです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

箱根駅伝

箱根駅伝開催。
箱根駅伝を見ると、あー年始回りでオヤジの兄貴の家で見てたよなぁ、とか思い出したり。
いつからか年始回りにくっついていくこともなくなって、オヤジの兄貴も死んじゃって、そんな空気を感じることもなくなったわけだけど、やっぱり駅伝を見て思い出すのは幼い日の光景。

ちなみにあれだけ近く(R134)を走ってる、駅伝ランナーを見に行ったことは1度もありません。
ミーハーな心は欠片もないようです。

***

ゲームのサウンドトラックス。
これだけで引く人も多いかと思う。
オレもファミコン時代のピコピコ音のサントラを想像すると萎える。
でもコイツは違うぞってコトで、最近は「探偵・神宮司三郎」の15周年サントラを聴いています。
ゲーム自体はサウンドノベルって感じでアレですが、音が激しく良いのです。
下手なジャズアルバムよりも、絶対に酒に合います。
あんまり店頭売りしてるのは見たことないので、アマゾンとかセブンドリームドットコムとかで買うと良いです。
ちなみにゲームの方はあれだけ騒いでたのにもかかわらず未だに買ってません。
誰かください。

Jump!

ジャンプで幕開けの2003年でした。
その後、カミュを2杯とイクラ御飯を1杯という妙な組み合わせで食事。

年始回り(?)の電話で「ぼちぼちですよ~♪」と言われた近所のバーに行ってみたら、大混雑。
だまされたー!
ハタチそこそことか未成年だろ~というメンツの中で飲むのはさすがにキツかったです。
モーガンをボトル3分の2くらい空けたくらいで朝を迎えたわけですが、さすがに酔い酔いでした。
若者の悩み相談中に他の物も飲んでたせいかもしれません。
普通に歩いて帰宅したのは覚えてるんですが、その後洗濯機を破壊したりしたのは覚えていません。
1年の計は元旦にありってコトで、今年もでろでろって感じでいきますわ。