常連客

店に馴染まない客は常連としては失格。
そして、常連客が店のルールを作り上げるのは、根本的に間違っている。
好きな店があったけど、おそらくその店にはこれから先1人では近づくことはないと思う。
理由は店のスタッフの交代とか店側によるものではなくて、居ついている常連客の品格の低下あるいは品のない常連客の増加によるもの。
下ネタが悪いとかそういうことじゃなくて、一見客が入ってきたにもかかわらず、常連客しかいない時と変わらない、よく言えば客と店の境のない雰囲気、悪く言えば馴れ合いだらだらの雰囲気で酒を飲んでるのが品がない常連客だと考えてもらえるとありがたい。
店側に問題がないかと聞かれれば、そういった客に対して注意のひとつもできない点にはひどくガッカリさせられたと答える。
ただそういう客をターゲットにして営業しているといわれれば仕方がない。
そうやって友達同士でおままごとがしたいなら止めはしないけど、オレは参加するつもりはない。
もちろん、過去の過ごしやすかった頃を振り返って、「昔は良かった」なんて言いながら同じ場所でグラスを傾けるなんてことはオレの頭にはない。
常連同士や常連と店との間でのローカルルールをつくるのは構わないけど、それを一見客にまで押し付けるのはどうかと思うわけ。
例えば一見客であってもスタッフと話がしたかったりするわけで、それを常連客だけが独占しているようじゃ新しい客は付かないよってコト。
結果として店側に不利益を出すような行為をしている常連が居つくような店に、オレは金を落とす気にもならなけりゃ、大事な友達を連れて行く気にもならない。
これってどんな店にも通用するし、BBSとかネット上のコミュニティにも同じことが言えるよね。

***

殺人者や暴力を肯定するわけじゃない、ましてや殺人を許すことなどできるわけもない。
ただ、殺人者は殺すことの痛みを知っている。
殺されることの痛みは知らなくても、多少なりとも感じることはできるはず。
痛みを知るものは必要以上に痛みを与えたりはしない。
それが大人になるということ。
恐ろしいのは無知、そして幼さゆえの残虐性。
痛みを知ることの大切さはそこにある。
成長のない痛みは憎悪と虚無しか生み出すことはできない。

***

目の不自由な女性の確定申告受付拒否。
業界自体に驕りがあると思いますわ。
いつまでも殿様商売をやってられるわけもないのに、まだまだ安泰だと勘違いしている。
人間的に成熟している税理士が少ないというのが、今回のような事態を招いたんでしょう。
先生と呼ばれていい気になってないで、そろそろ水でも被って目を覚ました方がいいと思います。
中国に行けば、だれでも先生って呼ばれるんだから。
いつになったら気づくんだろうね、あの業界の有象無象たちって。

コメントはまだありません »

コメントを残す

箱根駅伝

箱根駅伝開催。
箱根駅伝を見ると、あー年始回りでオヤジの兄貴の家で見てたよなぁ、とか思い出したり。
いつからか年始回りにくっついていくこともなくなって、オヤジの兄貴も死んじゃって、そんな空気を感じることもなくなったわけだけど、やっぱり駅伝を見て思い出すのは幼い日の光景。

ちなみにあれだけ近く(R134)を走ってる、駅伝ランナーを見に行ったことは1度もありません。
ミーハーな心は欠片もないようです。

***

ゲームのサウンドトラックス。
これだけで引く人も多いかと思う。
オレもファミコン時代のピコピコ音のサントラを想像すると萎える。
でもコイツは違うぞってコトで、最近は「探偵・神宮司三郎」の15周年サントラを聴いています。
ゲーム自体はサウンドノベルって感じでアレですが、音が激しく良いのです。
下手なジャズアルバムよりも、絶対に酒に合います。
あんまり店頭売りしてるのは見たことないので、アマゾンとかセブンドリームドットコムとかで買うと良いです。
ちなみにゲームの方はあれだけ騒いでたのにもかかわらず未だに買ってません。
誰かください。

Jump!

ジャンプで幕開けの2003年でした。
その後、カミュを2杯とイクラ御飯を1杯という妙な組み合わせで食事。

年始回り(?)の電話で「ぼちぼちですよ~♪」と言われた近所のバーに行ってみたら、大混雑。
だまされたー!
ハタチそこそことか未成年だろ~というメンツの中で飲むのはさすがにキツかったです。
モーガンをボトル3分の2くらい空けたくらいで朝を迎えたわけですが、さすがに酔い酔いでした。
若者の悩み相談中に他の物も飲んでたせいかもしれません。
普通に歩いて帰宅したのは覚えてるんですが、その後洗濯機を破壊したりしたのは覚えていません。
1年の計は元旦にありってコトで、今年もでろでろって感じでいきますわ。