カジュアル

週のほとんどをスーツで過ごしていますが、週末はだらだらしたカッコが主です。
日本にずっといる間はほとんど気付かないんですが、日本人のカジュアル志向ってアメリカンカジュアルだなぁと先日実感しました。
先週HMVでCDを試聴しまくっていたら、この日本人はどんな歌を歌ってるんですか~?ちっくなことを異国人風味なおねいさんに聞かれたのです。
まぁテケトーに話をしてたら、ぼんじゅーるな国から旅行中だとのことで。
そのおねいさんのカッコを見てたら、シックなカジュアルジャケットにコットンパンツっていうチョイスでなんだか渋くカッコ良かったのです。
記憶をたどれば、欧州ではほとんどみんなそういうカッコをしてたっけか。
考えてみれば、原色トップスにジーンズパンツなんて、どこに行っても自分を押し通すアメリカ人か和製外国語をキーキーしゃべる日本の若造くらいしか着てなかったような気もします。
たしかに渋いカフェであのてのカッコでいたら確実に浮きますしね。
原色の服は「クラブ」でこそ栄えるという名言も、どこかで聞いたような気がします。
カフェでデートでもするような時は、カジュアルスーツとはいかなくてもジャケットくらいは合わせようかなと思ってみたりする今日この頃です。
日本の若者なみなさま、派手でカジュアルなアメリカンも良いですが、たまにはシックなヨーロピアンちっくに決めてみませんか?
間違っても休日のおっさんスタイルにならないように気をつけなくちゃいけませんけどね。
というわけでデートしませんか?

***

雨の朝、珈琲を淹れながら「The BOOM」のベストとニューシングルを聴いてみました。
これだけ好き勝手なことやってるのに、カッコイイと思わせる宮沢和史ってステキです。
ちょっと我が道を行くコアな雰囲気が漂うミュージシャンって、派手に売れてしまったとしてもしっかりとした自己を持ってる感じが好きです。
このタイプって海外には少なくないですけど、日本の音楽シーンって売れたら守りに入ってしまうような風潮があるような気がしてなりません。

コメントはまだありません »

コメントを残す

箱根駅伝

箱根駅伝開催。
箱根駅伝を見ると、あー年始回りでオヤジの兄貴の家で見てたよなぁ、とか思い出したり。
いつからか年始回りにくっついていくこともなくなって、オヤジの兄貴も死んじゃって、そんな空気を感じることもなくなったわけだけど、やっぱり駅伝を見て思い出すのは幼い日の光景。

ちなみにあれだけ近く(R134)を走ってる、駅伝ランナーを見に行ったことは1度もありません。
ミーハーな心は欠片もないようです。

***

ゲームのサウンドトラックス。
これだけで引く人も多いかと思う。
オレもファミコン時代のピコピコ音のサントラを想像すると萎える。
でもコイツは違うぞってコトで、最近は「探偵・神宮司三郎」の15周年サントラを聴いています。
ゲーム自体はサウンドノベルって感じでアレですが、音が激しく良いのです。
下手なジャズアルバムよりも、絶対に酒に合います。
あんまり店頭売りしてるのは見たことないので、アマゾンとかセブンドリームドットコムとかで買うと良いです。
ちなみにゲームの方はあれだけ騒いでたのにもかかわらず未だに買ってません。
誰かください。

Jump!

ジャンプで幕開けの2003年でした。
その後、カミュを2杯とイクラ御飯を1杯という妙な組み合わせで食事。

年始回り(?)の電話で「ぼちぼちですよ~♪」と言われた近所のバーに行ってみたら、大混雑。
だまされたー!
ハタチそこそことか未成年だろ~というメンツの中で飲むのはさすがにキツかったです。
モーガンをボトル3分の2くらい空けたくらいで朝を迎えたわけですが、さすがに酔い酔いでした。
若者の悩み相談中に他の物も飲んでたせいかもしれません。
普通に歩いて帰宅したのは覚えてるんですが、その後洗濯機を破壊したりしたのは覚えていません。
1年の計は元旦にありってコトで、今年もでろでろって感じでいきますわ。