WEBな内職

PCを持ってる家庭が増えたせいなんでしょうか。
よくチラシが入ってるんですよね、ウチにも。
ただ、昔入ってたテレアポ内職とか翻訳内職のチラシと、チラシに使われてる写真が同じっていうのはどうなんでしょかね…。
「これで高収入が得られ、1年間で高級外車が2台も手に入りました」とにこやかに笑う池田さん、貴方ってたしか佐藤さんじゃありませんでしたっけ?
詐欺やるにしても、これはお手軽すぎだろうって苦笑い。
流石に引っかかるヤツはいないんじゃないのかぁ。

***

万引き任意同行中逃走の中坊が特急に惹かれて死亡。
いたましいとは思うんですが、書店店主を「人殺し」呼ばわりするヤツってどんな神経してるんでしょうかね?
遮断機の下りた線路に飛び込んだのはこの中坊の責任でしょ。
書店店主は両親の連絡先を聞いたら解放するつもりだったはずで、連絡先を告げなかったからこそ警察に引き渡すという当然の行為をしようとしたまでではないのでしょうかね。
これで店主が店をたたんだり、自殺したりでもしたら、とてもじゃないけど納得がいきません。
つまらない非難を繰り返す人たちは、軽犯罪であればすべて見逃せとおっしゃるわけですね。
スリや引ったくりや痴漢にあっても、犯人が逃げ出したら追いかけるなってコトですよね。
見上げた根性です。

***

花菱の春夏オーダースーツが27,000円になってます。
既製品でしっくり来ない方は、この半期に1度の店長泣かせのセールにぜひどうぞ。
仕立もカッチリしてますので、男女問わず、お気に入りの生地があれば即入札するといいです。
詳しくはウチのリンクからたどってくださいませ。

***

裏でリニューアル進行中。
ぶっちゃけほぼ完成してますが、バー情報とかに手を加えようかと考案中で本アップには至っておりません。
なんだか、フォトページもFLASH外してすっきりさせてもいいかなぁとか考えてます。
やっぱり、ローテク好きな人間なんだなぁって実感してます。

コメントはまだありません »

コメントを残す

箱根駅伝

箱根駅伝開催。
箱根駅伝を見ると、あー年始回りでオヤジの兄貴の家で見てたよなぁ、とか思い出したり。
いつからか年始回りにくっついていくこともなくなって、オヤジの兄貴も死んじゃって、そんな空気を感じることもなくなったわけだけど、やっぱり駅伝を見て思い出すのは幼い日の光景。

ちなみにあれだけ近く(R134)を走ってる、駅伝ランナーを見に行ったことは1度もありません。
ミーハーな心は欠片もないようです。

***

ゲームのサウンドトラックス。
これだけで引く人も多いかと思う。
オレもファミコン時代のピコピコ音のサントラを想像すると萎える。
でもコイツは違うぞってコトで、最近は「探偵・神宮司三郎」の15周年サントラを聴いています。
ゲーム自体はサウンドノベルって感じでアレですが、音が激しく良いのです。
下手なジャズアルバムよりも、絶対に酒に合います。
あんまり店頭売りしてるのは見たことないので、アマゾンとかセブンドリームドットコムとかで買うと良いです。
ちなみにゲームの方はあれだけ騒いでたのにもかかわらず未だに買ってません。
誰かください。

Jump!

ジャンプで幕開けの2003年でした。
その後、カミュを2杯とイクラ御飯を1杯という妙な組み合わせで食事。

年始回り(?)の電話で「ぼちぼちですよ~♪」と言われた近所のバーに行ってみたら、大混雑。
だまされたー!
ハタチそこそことか未成年だろ~というメンツの中で飲むのはさすがにキツかったです。
モーガンをボトル3分の2くらい空けたくらいで朝を迎えたわけですが、さすがに酔い酔いでした。
若者の悩み相談中に他の物も飲んでたせいかもしれません。
普通に歩いて帰宅したのは覚えてるんですが、その後洗濯機を破壊したりしたのは覚えていません。
1年の計は元旦にありってコトで、今年もでろでろって感じでいきますわ。