purple

夕闇の風。
いつもの香水。
U got me blowin’, blowin’ my mind.

5 Comments »

  1. Kei Arima より:

    人ごみで「あ」っと思う香水の香りに、その時の高揚感とか、その時のショックとかは
    鮮烈に蘇るのに、そのシチュエーションは「???」右脳しか働いてないのか?
    動物か!?(動物の皆さんに失礼!!)

    昨日のことは良く覚えてないが、昔のことも覚えてない。朝から仕事、朝まで仕事を交互にやってると、だんだん万年時差ぼけ状態になってくる。

    きついタバコとオリーブオイルの揚げ物の香りでマドリッドの駅の雑踏を思い出すし、そういえばパリの地下鉄って何でいつも焦げ臭かったんだろう。同じオリーブオイルの揚物の香りでも
    明るい日差しと路地裏の手拍子があると南の方の感じだしなあ。
    コーヒーの香りは朝のホテルだな。ゆで卵、ハム、どっか行きたいね。っつーか土曜は朝から仕事だ!!!

  2. より:

    香りに脳をガツンとやられることは多いです。
    目や耳や口や頭が悪いもので、鼻に関しての記憶は良いようで。

    万年時差ぼけって良い表現ですね。たしかにそんな感じ。

    香りで旅に出たくなる人は美味しいものを知っている、そんな気がします。
    むしょうにピルピルが食べたくなりました。

  3. Kei Arima より:

    にいさんは口は悪そうだが、頭は良さそうだ。
    で、ピルピルって!?

    あっ、そうか
    お手を煩わせては申し訳ないので
    検索します。

    わからなかったら、教えてください。

    カイトの写真の「水平線の角度」が絶妙で
    心から感心。

  4. Kei Arima より:

    わかった!!
    こいつはアンチョビがあったほうがいい。
    買いに行く(仕事から逃避)
    グラシアス!!

  5. より:

    悪知恵は働きますが、正道を歩けないタイプ。

    お、見つかりましたか。
    ちょっとステキなメニューです。
    軽く食べても、後に重いのを据えてもいい感じです。

    水平線…、ああ絶妙に下り坂っぽいですね。
    気づきませんでしたが、言われてみるとなかなか良い感じ。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

箱根駅伝

箱根駅伝開催。
箱根駅伝を見ると、あー年始回りでオヤジの兄貴の家で見てたよなぁ、とか思い出したり。
いつからか年始回りにくっついていくこともなくなって、オヤジの兄貴も死んじゃって、そんな空気を感じることもなくなったわけだけど、やっぱり駅伝を見て思い出すのは幼い日の光景。

ちなみにあれだけ近く(R134)を走ってる、駅伝ランナーを見に行ったことは1度もありません。
ミーハーな心は欠片もないようです。

***

ゲームのサウンドトラックス。
これだけで引く人も多いかと思う。
オレもファミコン時代のピコピコ音のサントラを想像すると萎える。
でもコイツは違うぞってコトで、最近は「探偵・神宮司三郎」の15周年サントラを聴いています。
ゲーム自体はサウンドノベルって感じでアレですが、音が激しく良いのです。
下手なジャズアルバムよりも、絶対に酒に合います。
あんまり店頭売りしてるのは見たことないので、アマゾンとかセブンドリームドットコムとかで買うと良いです。
ちなみにゲームの方はあれだけ騒いでたのにもかかわらず未だに買ってません。
誰かください。

Jump!

ジャンプで幕開けの2003年でした。
その後、カミュを2杯とイクラ御飯を1杯という妙な組み合わせで食事。

年始回り(?)の電話で「ぼちぼちですよ~♪」と言われた近所のバーに行ってみたら、大混雑。
だまされたー!
ハタチそこそことか未成年だろ~というメンツの中で飲むのはさすがにキツかったです。
モーガンをボトル3分の2くらい空けたくらいで朝を迎えたわけですが、さすがに酔い酔いでした。
若者の悩み相談中に他の物も飲んでたせいかもしれません。
普通に歩いて帰宅したのは覚えてるんですが、その後洗濯機を破壊したりしたのは覚えていません。
1年の計は元旦にありってコトで、今年もでろでろって感じでいきますわ。