意外性

不良が捨て猫を拾う、清楚なお嬢の歩きタバコ、ベタではありますが意外性ってかなり重要だと思います。
プラスにせよマイナスにせよ、その行為をかなり強く他人の心に刻むという点で。
見た目が怖いとか近寄りがたいと評判のお兄さんは、電車でジジババに席を譲ったり、小さな子供と目の高さを合わせて話したり、周囲からは意外に映る(らしい)行動をして好評価を受けております。
なので、長く付き合っていくという前提があるなら、第一印象なんてマイナスな方が良いんじゃないかって思ったり。
仕事絡みではそういうのは必ずしも得策ではないんですが、得だからって自分が偽れるほど「毒物くん」は賢くないのですわ。

***

自殺。
自ら命を絶つ行為に何ら意見はない。
自殺は天国への扉を閉ざすなんて宗教じみたコトを信じてもいないし、1人で死ぬのならご自由にとも思うわけです。
でも世の中には、望まない死を受け入れなくてはならない人がいることを忘れないでほしい。
仕事を解雇されたとか、オトコに捨てられたとか、何となくだとか、そんなつまらない理由でつまらない自殺を選ぶのだけはやめてほしい。

オレにとっての理想的な自殺方法は「餓死」、飢えを堪えてまで死を選ぼうとするならそれは本物だろうと思えるから。
手首を切るとか、睡眠薬を大量に飲むなんてのは、オレにとっては狂言自殺にしか映らない。
手首から血を流す貴女に「ホントに死にたいならいつでも殺してやる」と告げたオレは間違っていませんでしたか?
貴女が結婚したと噂に聞きました。
生きていて良かったと思える相手が見つかったのだと信じています。
貴女を死なせなくて良かったとオレは勝手に信じています。

コメントはまだありません »

コメントを残す

新年イヴ

置き時計

カラダの不調はそのままに。
瞬間最大風速は今まで以上に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

3rd table

灯り

日本色の冬。
団子とお茶。
硝子に映る灯り。

ハレとケ

紅白トナ合戦

紅と白。
日常と非日常の境。
ケの日の乾杯にはせめて葡萄酒を。

short sleeper

水面

長く眠らないのは
そのまま起きないのが怖いから
まだ仄暗い場所に沈みたくないから

光ノ珠

光ノ珠

肌を刺す風。
耳につく雑踏。
ノエルの匂い。

gate

門

影絵の中。
9つ目の扉。
目に映るのはごく一部。

碧色の贈り物

碧色の贈り物

午前零時。
目を閉じて耳を澄ます。
待っているのはファザークリスマスの足音。

夜を彩る光

彩光

肌を刺す風。
異国で見たのと似た灯り。
かつての悪童たちに乾杯を。

燭台

燭台

遠くで聴こえる讃美歌。
紡いだのは彼の人の記憶。
いつの日にかまた乾杯を。

紅色果実

紅色果実

窓の外。
冬の色。
耳に残るあの頃の歌。

蒼灯

蒼炎

いつかのノエル。
蒼い灯を見たのは異国の街。
きっと彼らはまだあの丘の上。

初冬の宴

南瓜のチーズケーキ

温かいミルクティー。
傍らにはチーズケーキ。
流れているのは古いジャズ。

オレンジ

ノエルの玩具たち

ショウウインドウの子供たち。
気かつけばキャロル。
ファザークリスマスの気配。

堕ちてくる空

媽祖廟

オリエンタル旅館。
ガラムの香り。
いつかの冬の音。

Count

ハワイのパン屋さん

自分の手足で足掻く。
生かされるのではなく生きる。
死を感じれば、命を削る意味を知る。