re:born

嬌声と乾杯と。
遠回りの途中。
紡ぐのは記憶。

6 Comments »

  1. Kei Arima より:

    元気ですか。
    赤と黒が美しいです。
    こんな風に重い門扉の向こうには
    思いもしない風景が広がっていたりします。
    花と小さな噴水の中庭があり、ラジオから流れるものなのか
    実際に歌っている人がいるのか、手拍子と歌とギターの音が聞こえてくるのです。
    夏の日曜日に、久しぶりに横浜に行きました。平日と違って人が多く、混んでいましたが
    夏の華やかな雰囲気に気分が高揚しました。人が多いのも悪くないなと思うと同時に
    そんな時しか街を歩けなかった日々を懐かしく思いました。
    元気ですか。周りの人も。いいことがたくさんあるといいですね。
    相変わらず妄想で飯を食うといった贅沢な仕事をしています。
    もう少し稼ぎがあったら、と思うのはさらに贅沢でしょうかね。
    美しく、懐かしいような気がする写真でした。
    どんな遠回りをしているんでしょうね。

  2. より:

    夢を喰うのは獏。
    妄想でメシを喰うのはクリエイター。
    でも、稼ぎが増えれば増えただけのクリエイティブが生まれるわけでもないでしょうし、創造物に愛着があればそれは身の丈に合っているんじゃなかろうかなとか。

  3. Kei Arima より:

    創造物にはこのうえない愛着があります。
    何もないところから物が生まれる。錬金術よりすごい?
    私は以前は職人だったので、まずクライアント次第という状況でしたが
    今の仕事は不特定多数に放つもの。全く相手にされないか、もてはやされるかどっちかです。
    クリエーターというのは職人とアーティストの中間のような感じがします。
    職人よりは柔軟性があり、アーティストほど傲慢じゃない、そんな感じかな。
    コメントありがとう。

  4. より:

    自分の才能や時間を媒介にするだけに等価交換かもしれません。
    誰でもクリエイターになり得るし、クリエイティブって芸術や技術の結晶だけでなく、営業活動やそういうことに関しても言うのじゃないかなと思う次第。

  5. Kei Arima より:

    ああ、そうだなあ。いかに売るかも大事な要素ですね。
    そういう面ではわりと恵まれた環境にあるかもしれない。
    最近明け方まで仕事という生き方から足を洗ったんで妄想がうまくいかないな。
    自分の人生に「朝の部」ができるとは思わなかった。
    もちろん走ったりはしないけどねw
    あっ、写真の感想から逸脱しているね。ごめん。

  6. より:

    いいものが売れるというのは幻想ですしね。
    「朝の部」を設けると1日が長くなる気がします。
    なかなか設けられませんけどもw

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

新年イヴ

置き時計

カラダの不調はそのままに。
瞬間最大風速は今まで以上に。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

3rd table

灯り

日本色の冬。
団子とお茶。
硝子に映る灯り。

ハレとケ

紅白トナ合戦

紅と白。
日常と非日常の境。
ケの日の乾杯にはせめて葡萄酒を。

short sleeper

水面

長く眠らないのは
そのまま起きないのが怖いから
まだ仄暗い場所に沈みたくないから

光ノ珠

光ノ珠

肌を刺す風。
耳につく雑踏。
ノエルの匂い。

gate

門

影絵の中。
9つ目の扉。
目に映るのはごく一部。

碧色の贈り物

碧色の贈り物

午前零時。
目を閉じて耳を澄ます。
待っているのはファザークリスマスの足音。

夜を彩る光

彩光

肌を刺す風。
異国で見たのと似た灯り。
かつての悪童たちに乾杯を。

燭台

燭台

遠くで聴こえる讃美歌。
紡いだのは彼の人の記憶。
いつの日にかまた乾杯を。

紅色果実

紅色果実

窓の外。
冬の色。
耳に残るあの頃の歌。

蒼灯

蒼炎

いつかのノエル。
蒼い灯を見たのは異国の街。
きっと彼らはまだあの丘の上。

初冬の宴

南瓜のチーズケーキ

温かいミルクティー。
傍らにはチーズケーキ。
流れているのは古いジャズ。

オレンジ

ノエルの玩具たち

ショウウインドウの子供たち。
気かつけばキャロル。
ファザークリスマスの気配。

堕ちてくる空

媽祖廟

オリエンタル旅館。
ガラムの香り。
いつかの冬の音。

Count

ハワイのパン屋さん

自分の手足で足掻く。
生かされるのではなく生きる。
死を感じれば、命を削る意味を知る。