誰かに熱さを感じることって、なかなかないものです。
でも、ごく稀にだけど、何気ない瞬間にすごく惹きつけられる力を感じる相手がいるんですよね。
それは、バーの店長だったり、腕のイイ美容師だったり、はたまた可愛い顔した制服フェチ学生や、賭けダーツ好きのオヤジだったりと、年代も社会的立場もバラバラなんですけど、共通してあるのが「自分を持っている」人たちだということ。
なんだかついつい惹かれてしまう相手って良くも悪くも、周囲に流されないタイプの人間が多いんです。
我が強いというか信念を持っているというか、プラスと取るかマイナスと取るかは受け手次第という危うさも相まってオレにはとても魅力的に映るのです。
熱いのはカッコ悪いと中途半端に冷静ぶるくらいなら、1度だけでも焦げ焦げになるくらい熱くなってみた方が楽しいんじゃないかなって、彼らを見てると思うのです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

re:born 5th

2階から

あともう少しだけ遠回り。
命数は紡ぐもの。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

blue heaven

蒼

蒼色した街。
ずっと背伸びをしていた。
その背中を見失わないように。

御神酒

社の前

神様の降りてくる夜。
ただくだらない話をして酌み交わすだけの夜。
そういう無駄遣いはキライじゃない。

50:50

蜘蛛の灯

普通じゃないから得られないものもある
普通じゃないからこそ得られるものもある
どっちもどっち

風見鶏

壁掛けの皿

壁掛けの皿たち。
いつか訪れたラ・ビスバルのそれと同じ。
昼下がりの温度。

I’m not sure.

鬼の棲む街

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
そう言ったのは誰だっけ?

hora sexta

テーブルの上に

紫煙と火酒と気怠い音楽。
確かなのはさっきまでの温もり。
迎えるのはごく当たり前の夕陽。

ソファに丸まって

2階席

指定席。
感情を許す場所。
古いロックと強い火酒。

blow

船着場

船のない日。
置いてけぼりの温度。
ペリエにはライムを沈めて。

真夜中の横断帯

真夜中の横断帯

ぬるい風。
海鳴り。
午前0時。

2階のカフェ

2階のカフェ

夏の色。
氷の音。
懐かしい歌。

maintenant

夏の海

rien de ce que tu vois.
ne passera deux fois.
demain n’existe pas.

greenday

緑のネコ車

緑色。
花の名前。
午後の風。

赤蝋

redtop

過ぎた時間は10年余。
グラスに満たした赤銅色。
彼の人の雰囲気のそれ。

piece

Conversation piece

会話の種。
対話のできる場所。
マトモでいるために必要なこと。