小学生の卒業式。
暖冬の影響で妙に暖かくて、もう桜が咲いてました。
花冷えのお陰か中学入学の頃まで花は咲き誇り、妙に嬉しかった記憶があります。
他にも10月生まれのオレの10歳の誕生日に10輪の朝顔が花をつけてくれたりなんてこともありました。
幼い頃は花に色々としてもらっていた気がします。
大人になったこれからもきっとお世話になるでしょうが、それに対して少しでも何か応えられたらいいなぁと思う今日この頃です。
そんな思いを込めて、少し早いですがTOPの変更です。
卒業を迎えられる学生の皆様、飛翔の春となることを祈っています。

***

ザックリ嵐に遭いました。
久々に靴の中まで濡れるという感覚を味わいました。
なんだか小学生の頃を思い出しながら、じゃぶじゃぶと水溜りを歩く20代のオヤジ。
これだけ降ると、とてもじゃないけどSTINGな気分じゃないですね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夏音

夏のカフェ

扇風機。
アイス珈琲。
夏の匂い。

Anamorphosis

カエルの釣り師

軽く食事をして。
日用品の買い物をして。
そういう何でもない時間が大切。

double

赤と黄色

耳慣れたBGM。
幼い日に憧れた光景。
ゆっくりと流れる時間。

蒼炎

夜の創作料理

蒼くたゆる火。
古い日の記憶をたどる。
カランと鳴るグラスの氷。

human nature

心臓だいじに

神や悪魔や仏や鬼
そんなものに自分を委ねるつもりはない
オレに生をつないでくれたのは人だから

dreams of a giraffe

葉っぱ

朝の匂い。
手の温度。
昨夜の残り火。

purple rain

映画館の上のカフェ

出来ていたことが出来なくなる。
普通の線引きがいつの間にか変わる。
怖いのは当たり前を失うこと。

忘却曲線

パブの天井

反芻する温度。
反芻する香り。
反芻する記憶。

U talkin’ to me?

taxi

Thank god for the rain.
I still can’t sleep.
The days do not end…

Black Maybe

籠灯

冷える脳。
赤銅色の火酒。
遠くに聴こえる嬌声。

Au cafe

カフェ日和

On voit n’importe qui, Qui boit n’importe quoi
Qui parle avec ses mains, Qu’est la depuis le matin
Au cafe

helicoidal

階段

Nunca me senti tan fuera de lugar.
Nunca tanto se escapo de mi control.
Pero todo en este mundo es temporal.

closed out

市松模様

Some people get up at the break of day.
Gotta go to work before it gets too late.
That ain’t the way it has to be.

re:born

パスタ屋

枷を外す。
壁を崩す。
生まれ直すために必要なこと。

紅色

紅色

薫る風。
寝転んで陽を浴びる。
もう少しこのままで。