小学生の卒業式。
暖冬の影響で妙に暖かくて、もう桜が咲いてました。
花冷えのお陰か中学入学の頃まで花は咲き誇り、妙に嬉しかった記憶があります。
他にも10月生まれのオレの10歳の誕生日に10輪の朝顔が花をつけてくれたりなんてこともありました。
幼い頃は花に色々としてもらっていた気がします。
大人になったこれからもきっとお世話になるでしょうが、それに対して少しでも何か応えられたらいいなぁと思う今日この頃です。
そんな思いを込めて、少し早いですがTOPの変更です。
卒業を迎えられる学生の皆様、飛翔の春となることを祈っています。

***

ザックリ嵐に遭いました。
久々に靴の中まで濡れるという感覚を味わいました。
なんだか小学生の頃を思い出しながら、じゃぶじゃぶと水溜りを歩く20代のオヤジ。
これだけ降ると、とてもじゃないけどSTINGな気分じゃないですね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

深紅色

紅色

貧困や戦争が人を狂気に陥れる

とか、そんなこと言うけどさ
イカれてないヤツなんかいないぜ?
少なくともオレの仲間には

音の壁

音の壁

同じ夢を見た。
月の出ない夜の夢を。
もう秋になるってことね。

key of life

桃色の風

蓋をなくして穴の存在を思い出す
結局のところ、いつもそれの繰り返し

赤色灯

赤ランプ

ちょっと深呼吸。
人工色の灯りの下で。

おかえり、夏

ブレーキランプ

夏色の空。
オレも少しは変われたのかなって訊ねてみる。
途切れた夢の続きに。

蒼炎

卓上炎

揺れる炎。
モヒート風ジンジャーエール。
カフェ仕事の合間にホッと一息。

海沿いの道

松と信号

信号が灯るまでもう少し。
沈む陽と松の影。

本日のスープ

白波

美味しく召し上がれ。
気の置けない仲間と一緒に。

夕凪仙道

Jonathan

波音。
夕凪。
空にはジョナサン。

百日紅

百日紅

蝉の声と紅の花。
雄弁に語る夏の日。

ブラインド越しの空

ブラインドのある窓

珈琲とジャズと異国の絵本と
プライドと格闘したのは遠い記憶

いつもの珈琲屋で

珈琲屋で

煎りを待つ。
いつもの珈琲豆屋。
足下には見知らぬ友達。

夏の華

夏の華

夏の華は空に咲くものばかりではなく。
足下に咲くそれもまた華。

無灯篭

灯りのない篭

空の篭には鬼灯でも。
灯火が消えぬように。

棚の上のペシェ

棚の上のペシェ

甘い果実
南の海流を冠したカクテル
香りとともに脳に憑く記憶