トマトジュース

トマト好きなんですよね。
完熟の甘いヤツを葉山かどっかのビニールハウスでおっちゃんにもらって食べて以来、あの甘さの虜になりました。
それまで食べていたトマトの味を完全に否定されたというくらいに、ホントに美味かったです。
水もほとんどまかなければ、肥料だって与えない、なぜそんなトマトにアレだけの美味しさが詰まっていたのかはその時は分からず、ただその時は頭をハンマーでガツンと殴られたような衝撃を感じたのを覚えています。
トマトの生まれ故郷の山脈って雨がほとんど降らず、場合によってはトマトは茎で昆虫を取り込んで栄養分にするらしいと聞いたのは、随分経って「美味しんぼ」か何かの再放送を見たときでした。
少ない栄養素が凝縮するからこその味なんだなって納得した覚えがあります。
最近ではワールドポーターズのシチリア料理の店で食べたトマトが忘れられません。
と、ここまで書いて表題にジュースと書いたのを思い出しました。
トマトほど摂取する機会はないんですが、トマトジュースもかなり好きだったりします。
できればウスターソースちっくな食塩添加のヤツじゃなくて、食塩無添加のヤツがベターです。
そのくせ、ブラッディーメアリやブラッディーサムには香辛料を入れる方が好きなのは、ナイショにしておいてください。
さっき久々にトマトジュースを飲んだんですよ。
食塩無添加なんて洒落たものがあるはずもなく、食塩入りなんですけども妙に気に入っちゃいました。
バヤリースの「さらさらトマト」、ブドウ糖の柔らかな甘みが食塩とトマトのえぐみを緩和しているので、苦手な人にもお勧めしてもいいかなって感じです。
ただし、飽くまでもトマト好きが気に入るものなので、嫌いな人には間違ってもお勧めしませんけども。

***

何気にテレビ観てたら、陽子さん出てた。
ブラウン管越しでもイイ女、普通に惚れます。
結婚しましょう。

コメントはまだありません »

コメントを残す

orange

from dusk till dawn

櫻の咲く頃。
橙色の空。
家路へとついた幼い日。

perch

麦酒

a beer of justice
a beer of love
a beer of peace

ガツンとゴハン

朝ご飯

美味しいものを知ること。
美味しいものを得ようとすること。
それが万事に通じるっていう経験則。

橙の時間

夕凪

波音。
流れ行くもの。
時の過ぎゆくままに。

stand by me

南瓜

乾杯と嬌声と。
不死鳥の消えた夜。
想いを馳せるのは冬の始まり。

greenday

ミドリ

ヒカリ。
ムオン。
明け方までもう少し。

R134

R134

其処に在る道。
海と陸とを隔てる線。
夜はまだ明けない。

blue x dog

ラベル

傾けるグラス。
いつものカウンター。
自分を取り戻すための時間。

moon child

月ひとつ、星ひとつ

夜の音。
風は凪。
月ひとつ、星ひとつ。

まだ平和な場所だ

いつもの席

いつもの席。
いつもの料理。
いつもの空気。

ナツゾラ

ナツゾラ

風鈴。
蝉時雨。
夏の終わり。

scrap and build

再開発

夏の日。
虫の音。
海鳴りの夜。

paradox

paradox

紡ぐ記憶。
つながる温度。
生み出される背理。

蒼犬の日

蒼犬のいる壁

香り高く。
荘厳な蒼犬の為に。
大切な乾杯を。

電球

電球

足下よりもちょっと遠く。
ほんの少し背伸びをした先。
ステキなものの在処。