14歳

脳がイチバン活発に動く時期だそうです。
何をしていたかと考えると、すごく濃い時間を過ごしていたような気がします。
色んなコトを初体験して、自分の視界が大きく広がったのもこの頃だし。
自分の心に深く傷を刻んで、ひどくネガティブになり始めたのもこの頃だし。
とにかく色んなものを取り入れて、色々なところに行ってみたいというのが非常に顕著だったような感じです。
それこそ酸いも甘いも経験し倒した年代だったのではないでしょうかね。
もし脳が活発に動いていたとすれば、そういうアクティブでいてネガティブなテキトーな性格が今の根底にあるというわけですよね。
なんだか妙に納得しました。
たしかに眉唾な感は否めないですけど、「3つ子の魂百まで」よりは信憑性があると思います。

***

いつだかカミュを空けて以来、自宅に強い酒を置かなくなりました。
冷凍庫でトロトロになってるスピリタスは、飽くまでカクテルベースなので強い酒とは言いません。
あの亜純エチルアルコールはたまに吹き掃除にも使います、指紋もきれいに拭き取れますので完全犯罪にお勧めです。
自宅で飲まなくなった証拠でしょうかね。
実家では日本酒をカパカパ空けたり、外でもスピリッツを飲んだりしているので、酒が嫌いになったわけではないと思うんですけど。
何だかまた家飲み非推奨型になってきたのかなぁとふと思いました。

コメントはまだありません »

コメントを残す

orange

from dusk till dawn

櫻の咲く頃。
橙色の空。
家路へとついた幼い日。

perch

麦酒

a beer of justice
a beer of love
a beer of peace

ガツンとゴハン

朝ご飯

美味しいものを知ること。
美味しいものを得ようとすること。
それが万事に通じるっていう経験則。

橙の時間

夕凪

波音。
流れ行くもの。
時の過ぎゆくままに。

stand by me

南瓜

乾杯と嬌声と。
不死鳥の消えた夜。
想いを馳せるのは冬の始まり。

greenday

ミドリ

ヒカリ。
ムオン。
明け方までもう少し。

R134

R134

其処に在る道。
海と陸とを隔てる線。
夜はまだ明けない。

blue x dog

ラベル

傾けるグラス。
いつものカウンター。
自分を取り戻すための時間。

moon child

月ひとつ、星ひとつ

夜の音。
風は凪。
月ひとつ、星ひとつ。

まだ平和な場所だ

いつもの席

いつもの席。
いつもの料理。
いつもの空気。

ナツゾラ

ナツゾラ

風鈴。
蝉時雨。
夏の終わり。

scrap and build

再開発

夏の日。
虫の音。
海鳴りの夜。

paradox

paradox

紡ぐ記憶。
つながる温度。
生み出される背理。

蒼犬の日

蒼犬のいる壁

香り高く。
荘厳な蒼犬の為に。
大切な乾杯を。

電球

電球

足下よりもちょっと遠く。
ほんの少し背伸びをした先。
ステキなものの在処。