桜散る

昨日の雨でだいぶ散っちゃいましたね。
昨晩の帰りは雨も止んでいたので、桜並木をたらたらと歩いてみたり。
やっぱり半分くらいは花落ちちゃったなと少し寂しく思いつつ、足元の感触に気づいてふと見やるとそこには桜色の絨毯が。
なんか嬉しくなっちゃいましたわ。
散り際に花吹雪と絨毯で楽しませてくれる、サービス精神旺盛な桜に感謝。
今年は桜の写真は撮らなかったね…、今気がつきましたわ。

***

サップとミルコ。
ボブが何だか元気そうなので、安心して今更のレビュー。
サップは野獣を名乗っていてもスポーツマン、相手を倒すファイトをしていますよね。
対するミルコは、(元)警官だけあって相手の戦闘能力を奪う(あるいは殺す)攻撃の仕掛け方をしていたように思います。
格闘技をかじったことのある方ならお気づきでしょうが、眼球は相手を戦闘不能にする攻撃箇所としては有名です。
以前のファイトを見ていても首筋のエグイところを蹴り込んだり、彼のファイトはスポーツのそれではなく実戦のものと相違ありません。
KOで終了ではなく、相手の戦意をすべて喪失させて初めて勝利というのは、やはりある意味実戦経験のある彼ならではなのでしょうね。
警官以上に実戦経験のあるそれこそ白兵戦のプロが出場したら、体格差なんて跳ね除けて中量級から本家K-1のタイトルまですべて総なめにしそうな気がするのはオレだけでしょうか。

コメントはまだありません »

コメントを残す

orange

from dusk till dawn

櫻の咲く頃。
橙色の空。
家路へとついた幼い日。

perch

麦酒

a beer of justice
a beer of love
a beer of peace

ガツンとゴハン

朝ご飯

美味しいものを知ること。
美味しいものを得ようとすること。
それが万事に通じるっていう経験則。

橙の時間

夕凪

波音。
流れ行くもの。
時の過ぎゆくままに。

stand by me

南瓜

乾杯と嬌声と。
不死鳥の消えた夜。
想いを馳せるのは冬の始まり。

greenday

ミドリ

ヒカリ。
ムオン。
明け方までもう少し。

R134

R134

其処に在る道。
海と陸とを隔てる線。
夜はまだ明けない。

blue x dog

ラベル

傾けるグラス。
いつものカウンター。
自分を取り戻すための時間。

moon child

月ひとつ、星ひとつ

夜の音。
風は凪。
月ひとつ、星ひとつ。

まだ平和な場所だ

いつもの席

いつもの席。
いつもの料理。
いつもの空気。

ナツゾラ

ナツゾラ

風鈴。
蝉時雨。
夏の終わり。

scrap and build

再開発

夏の日。
虫の音。
海鳴りの夜。

paradox

paradox

紡ぐ記憶。
つながる温度。
生み出される背理。

蒼犬の日

蒼犬のいる壁

香り高く。
荘厳な蒼犬の為に。
大切な乾杯を。

電球

電球

足下よりもちょっと遠く。
ほんの少し背伸びをした先。
ステキなものの在処。