サボタージュ

昨日は八景島で遊んでました。
そう、シーパラダイスです。
水族館好きにはたまりません。
着いてみてなんかガキが多いなぁと思ったら、春休み真っ只中なんですよね。
春休みを自覚しなくなってから随分経つので、まったく気づきませんでした。
いつものようにはしゃいで魚を見たり、イルカやらホッキョクグマやらペンギンやらに話しかけてみたり、メチャメチャ久々にメリーゴーランドの馬に乗ってみたり、島の沿岸を周遊する船で15分間のクルーズを楽しんだりと、入社式でガチガチの新社会人には悪いですが充実な遊びっぷりでしたわ。
夜は近所の創作イタリアンで、新鮮な魚介類と野菜の織り成すハーモニーに舌鼓を打ちつつ、辛めのキュヴェで祝杯を。
4月バカの語源に準じる、偽正月ばりに盛り上がりました。
とにかく、昨日はすげー嬉しかったです。

そして、どっか行ったら写真だろ!と思ったあなた。
正解です。
でもちょっと忙しくて、データは未だデジカメの中です。
もう少しだけ待っててくださいね。

***

リキュール。
甘い夢を見せてくれるもの。
オレのガルフストリームには、ピーチツリーは少しだけ。
だって、甘い夢はほんの少しでいい。
苦みばしった現実をグラスの中にも追い求めてる。
誰かのために夢見心地のカクテルをつくるのは嫌いじゃない。
でも自分のためにするのは得意じゃない。

コメントはまだありません »

コメントを残す

orange

from dusk till dawn

櫻の咲く頃。
橙色の空。
家路へとついた幼い日。

perch

麦酒

a beer of justice
a beer of love
a beer of peace

ガツンとゴハン

朝ご飯

美味しいものを知ること。
美味しいものを得ようとすること。
それが万事に通じるっていう経験則。

橙の時間

夕凪

波音。
流れ行くもの。
時の過ぎゆくままに。

stand by me

南瓜

乾杯と嬌声と。
不死鳥の消えた夜。
想いを馳せるのは冬の始まり。

greenday

ミドリ

ヒカリ。
ムオン。
明け方までもう少し。

R134

R134

其処に在る道。
海と陸とを隔てる線。
夜はまだ明けない。

blue x dog

ラベル

傾けるグラス。
いつものカウンター。
自分を取り戻すための時間。

moon child

月ひとつ、星ひとつ

夜の音。
風は凪。
月ひとつ、星ひとつ。

まだ平和な場所だ

いつもの席

いつもの席。
いつもの料理。
いつもの空気。

ナツゾラ

ナツゾラ

風鈴。
蝉時雨。
夏の終わり。

scrap and build

再開発

夏の日。
虫の音。
海鳴りの夜。

paradox

paradox

紡ぐ記憶。
つながる温度。
生み出される背理。

蒼犬の日

蒼犬のいる壁

香り高く。
荘厳な蒼犬の為に。
大切な乾杯を。

電球

電球

足下よりもちょっと遠く。
ほんの少し背伸びをした先。
ステキなものの在処。