無意識

人間の心理の大部分が意識の領域であり、無意識とは意識に悪影響を及ぼす恐れのあるものを隠しておくところであると説いた心理学者がフロイト。
フロイトの説では「抑圧」された空間が無意識であり、ネガティブなものであると考えていたということが言えます。
ちなみにフロイトは、無意識を「Es」と称しています。
Es(エス)はドイツ語で、ラテン語ではId(イド)、英語ではit。
すなわち「それ」という意味になります。
Esは人格の暗い部分であり、その大部分は消極的性格をもっています。
Esにはいかなる論理的な思考も、時間・空間概念も、価値判断もなく、ただ快感原則とだけ緊密に結びついています。
簡単に言えば、無意識下で行う行動は自分が気持ちよければ、後はどうでもイイというコトになります。
そういう状況を避けるために意識的に、Esを抑圧して人間は生きていると。
オレはそうは思いません。
人は無意識下であっても必ずしもマイナスな行動にばかり出るわけじゃないですから。
弱さを破壊衝動に持っていく人間はパワーが余ってるんだと思います。
思い切りカラダを動かしてスッカリ疲れちゃえば、ぐっすり眠って翌日には無意識のうちに笑顔になれそうな気がするんです。
なんでこんなコトを書いてるんだろうと思うんですが、SMの話からエスって言えばとこんな心理学の話を持ってきちゃっているのが、マニアックなオレらしいっちゃオレらしい。
・・・そういえば、本性と書いて「イド」とルビをふる作家も少なくない。
それだけでも、フロイトの定義するEsがどういったニュアンスのものか多少は理解できる感はあるかもしれないですね。

***

夢と現実の境って、かなり希薄なものだと思う。
たとえば、夢は自分1人だけで夢だと思ってみるから夢なのであって、世界中で同じ夢を見るようなことがあればそれは現実に起きていることと変わりがないのではないかと思うのです。
世界各地に伝わる神話がいずれもどこか似通った部分を持っているのは、同じ祖先から伝え聞いたものをリメイクしてきた結果なのではなく、同時期にまったく同じ夢を見たと考えるのはロマンチストすぎるでしょうかね。

***

ふと思ったんですけど、オレって心理学者とか精神科医になりたかったのかもしれません。
実際のところはバーカウンターでのひと時限りのカウンセラーが関の山でしょうけどね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

orange

from dusk till dawn

櫻の咲く頃。
橙色の空。
家路へとついた幼い日。

perch

麦酒

a beer of justice
a beer of love
a beer of peace

ガツンとゴハン

朝ご飯

美味しいものを知ること。
美味しいものを得ようとすること。
それが万事に通じるっていう経験則。

橙の時間

夕凪

波音。
流れ行くもの。
時の過ぎゆくままに。

stand by me

南瓜

乾杯と嬌声と。
不死鳥の消えた夜。
想いを馳せるのは冬の始まり。

greenday

ミドリ

ヒカリ。
ムオン。
明け方までもう少し。

R134

R134

其処に在る道。
海と陸とを隔てる線。
夜はまだ明けない。

blue x dog

ラベル

傾けるグラス。
いつものカウンター。
自分を取り戻すための時間。

moon child

月ひとつ、星ひとつ

夜の音。
風は凪。
月ひとつ、星ひとつ。

まだ平和な場所だ

いつもの席

いつもの席。
いつもの料理。
いつもの空気。

ナツゾラ

ナツゾラ

風鈴。
蝉時雨。
夏の終わり。

scrap and build

再開発

夏の日。
虫の音。
海鳴りの夜。

paradox

paradox

紡ぐ記憶。
つながる温度。
生み出される背理。

蒼犬の日

蒼犬のいる壁

香り高く。
荘厳な蒼犬の為に。
大切な乾杯を。

電球

電球

足下よりもちょっと遠く。
ほんの少し背伸びをした先。
ステキなものの在処。