野良猫

地中海に浮かぶ島で野良猫たちと語り合う。
彼らの多くは冬を越すことなく死んでいく。
観光客たちは無責任に、地元民や政府が越冬の支援をすべきだと言う。
オレはそんなことしなくてもいいと思う。
自然の摂理として長い間行われてきたことに、ぽっと出の人間が口をはさむ必要などどこにもない。
1年足らずの限られた時間の中で彼らは生き、運と力のあるものだけが翌年の春に新たな生を残す。
それが当然の光景なのだから、安っぽい言葉や行動でそれを捻じ曲げることが正しいとは思えない。
オレは日々彼らに遊んでもらい、彼らに色々な話をする。
聞いてくれているかどうかは分からないけど、そうすることでオレは優しい気持ちになれる気がする。
別れの日、また会おうと別れる。
お互いに運が良ければ再会できると信じてるから、サヨナラとは言わない。
きっとあの島では、あの日の猫たちがまだオレを待っていると信じている。

***

平山あや。
なんか最近このコが好きです。
天然ちっくな動きや発言もツボだったりします。
そこ、天然好きとか言うな。
自分でもよく分かってるよ。
しっかりしてるけど天然なコが好きなのは、と開き直ってみたりして。

コメントはまだありません »

コメントを残す

One-Two-Five

ハングオン

熱くなってるときほど頭はよく回る。
でも、カラダが回らなくなる前に少しだけクールダウン。

欠陥品を組み込んでいるオレの心得。

寒い日の泡モノ

豆乳ラテ

根っからのブラック党でもたまにはラテを。
心地の良い泡の質感。

柔らかい気持ちになれる、そんな瞬間。

宝石色の油

宝石色の油

メインディッシュを待ちながら。
バゲットに香りを添えて。

嬌声を横目に葡萄酒との語らい。

冬のテラス

冬のテラス

寒空の下で。
傍らにシェリー。

ビニールの向こうは雪の気配。

四角と三角

四角と三角

深夜弐時の建築現場。
おばけはにょろにょろ飛んでった。

空中庭園

空中電話

聴こえてくる、ストリートライヴの歌声。
頬を刺す風に乗せて。

夜の帳の少し前に。

翡翠色の夜

神の社

荘厳。
神様の降りてくる夜。

幼き日の畏怖はそのままに。

非日常の灯り

薄暗いテーブル

薄暗い暖色の下で。
仄かなピート香のする赤銅色の液体を。

日常から脱する瞬間。

煉瓦

煉瓦

灯火の並ぶ道。
低く深く響く海鳴り。

深夜の散歩。

かえりみち

いつもの道路

寒い日の相棒は缶コーヒーと懐かしい歌。
シャルル・ド・ゴールで観た雪を思い出しつつ。

乾杯の音の余韻はまだ其処に。

idola

サングラスたち

色のついたメガネ。
バカとハサミは使いよう。

color-ed

信号機

オレの青が皆の青とは限らない。
青の意図するものが同じとも限らない。

そびえたつもの

そびえたつもの

凍てついた空気に栄える塔。
高いところを好むのは煙と何とやら。

まっくらもり

森の中

まっくらもり。
幼い日に耳にしたリドル。

銀の眼

歳を経て思うのは、必要なのは1歩踏み込む勇気よりも1歩退く勇気だということです。
何かを成すのに蛮勇たることも必要ですが、大人であれば退き際をわきまえたいものです。
そこにメリットを見出せないのであれば、そこに留まり続けることでデメリットを被るのであれば、思い切って退くのも大切なことです。
それは切り込むことのそれよりも難しく、なおかつ評価されにくいことではありますけども、その技能というか感覚をもって初めて何かを身につけたと言えるのではないかと思うのです。

前へ前へというだけでは限界もきますし、適切なそれ以上のリスクを背負い込み、自身の許容量を超過したら破綻の可能性もはらみます。
要はすべてを自身だけで受け止められることでないのなら、攻めるだけでは自分の器という限界が来ると思うのです。
そこで満ち足りないのであれば、護るべきものがあるのであれば、リスクを抱えてなお上昇するために、それ以外のものを身につける必要があるのではないでしょうか。

マイナスのスキル…、というよりはギミックになるでしょうか。
幼い頃にジャラジャラとした過度な「足し算」の装飾を覚え、そこから不要なものを取り除くことを覚えた「引き算」のファッションを覚えたのと同じく。

「マイナスも2つ掛け合わせればプラスになる」
そんな言葉を思い出します。