トマトジュース

トマト好きなんですよね。
完熟の甘いヤツを葉山かどっかのビニールハウスでおっちゃんにもらって食べて以来、あの甘さの虜になりました。
それまで食べていたトマトの味を完全に否定されたというくらいに、ホントに美味かったです。
水もほとんどまかなければ、肥料だって与えない、なぜそんなトマトにアレだけの美味しさが詰まっていたのかはその時は分からず、ただその時は頭をハンマーでガツンと殴られたような衝撃を感じたのを覚えています。
トマトの生まれ故郷の山脈って雨がほとんど降らず、場合によってはトマトは茎で昆虫を取り込んで栄養分にするらしいと聞いたのは、随分経って「美味しんぼ」か何かの再放送を見たときでした。
少ない栄養素が凝縮するからこその味なんだなって納得した覚えがあります。
最近ではワールドポーターズのシチリア料理の店で食べたトマトが忘れられません。
と、ここまで書いて表題にジュースと書いたのを思い出しました。
トマトほど摂取する機会はないんですが、トマトジュースもかなり好きだったりします。
できればウスターソースちっくな食塩添加のヤツじゃなくて、食塩無添加のヤツがベターです。
そのくせ、ブラッディーメアリやブラッディーサムには香辛料を入れる方が好きなのは、ナイショにしておいてください。
さっき久々にトマトジュースを飲んだんですよ。
食塩無添加なんて洒落たものがあるはずもなく、食塩入りなんですけども妙に気に入っちゃいました。
バヤリースの「さらさらトマト」、ブドウ糖の柔らかな甘みが食塩とトマトのえぐみを緩和しているので、苦手な人にもお勧めしてもいいかなって感じです。
ただし、飽くまでもトマト好きが気に入るものなので、嫌いな人には間違ってもお勧めしませんけども。

***

何気にテレビ観てたら、陽子さん出てた。
ブラウン管越しでもイイ女、普通に惚れます。
結婚しましょう。

コメントはまだありません »

コメントを残す

Dirty Rotten Imbeciles

thrash

鋼鉄色の音。
赤銅色の泡。
美しくある音と味。

off shore

off shore

雷鳴。
陽射し。
夏の日の匂い。

gate

gate

狐火の灯る道。
非日常への入口。
非日常からの出口。

as a child

氷川丸

汽笛の音。
夜の匂い。
幼い頃の記憶。

月光

月ひとつ

非日常の灯。
月明かりは銀色。
月に映えるのは艶。

焼葡萄

camus

季節は巡る。
温度は変わる。
ボクはまだ此処に居る。

vedett

シロクマ

見た目が10割。
でも、ギャップも面白い。
振れ幅は大きい方が面白さも大きい。

Panache

グラスビール

夜の帳。
麦酒の泡。
初夏の匂い。

Gorgonzola

stracchino di Gorgonzola

見知らぬ仲間。
肌馴染みのある空気。
ボクは変わらず此処に居る。

PUNK

India Pale Ale

香り立つ泡の音。
寄せ集めで型作る芸術。
青二才が塗り替える常識。

memento mori

サクラ

春の国替えはずるい。
桜の季節に思い出すから。
でも「carpe diem」と心に刻む。

(V)o¥o(V)

鉄馬乗り

昼下がりの嬌声。
舌に響く前菜。
弾ける麦酒の泡の音。

light

ランタン

いつもの席。
いつもの曲。
いつもの非日常。

father

雨の碧

貴方のお陰で
随分と久しく
泣くことを思い出した

seven

夜桜

さくらさくら
花吹雪
舞い落ちる彩