週末

わりと充実の週末でした。
金曜の帰りは飲んでないのになぜだか午前様でしたけど…、不思議なものです。
明けて土曜日には関内に行ってました。
ラブな街、ある意味地元よりもよく知った街。

***

ブランド。
オーダースーツのセールということで、作りたいけど専門用語が云々というので付き添ったわけですが。
やっぱりシャッキリするのはオーダーだよと思うわけですよ。
ブランド着て自分がブランド品になるわけじゃなくて、自分ブランドのスーツを着た方がカッコイイと思うんですよね。
採寸の後に通りがかったバーニーズニューヨークに立ち寄り、相変わらず金のかかったドアボーイだなと独語してみたり。
たらたらと見ていたんですけども、やっぱりボトムのラインの美しさはスバラシイと思うけど、スーツはオーダーで作った方がしっくりくるなって感じ。
パンツは半額まで落ちれば買ってもいいかなって思うんですけどねぇ。
トップは実用性ないもののが多いし、靴はカンペールに遠く及ばない…、正直な印象です。
子供が駆け回っても微笑ましいくらいに映る広い店内には好感持てるけどね。

***

変わる街並み。
ステキフレンチが移転していました。
もともと立地は良くなかったけど、今回は前よりも少し広く路地に入ったまさに隠れ家風。
まだオープンしたての外観はキレイすぎて違和感があったけど、美味しい料理を出す店が広くなってくれるのはとても嬉しいのです。
またいずれ美味いフレンチにありつきに行きたいと思いつつ、今日のところはスルー。
ちなみにどうしても、その店の跡地が見たくて足を伸ばしてみたんですけど、スッカリ更地になった後でした。
地下鉄の開通に伴って街並みが変わるのは仕方ないと頭では理解しているつもりでも、なんだかとても胸に来るものがあるようですわ。
寂しい。
元町のはずれにあったアニエスbは、ブルックスブラザーズに取って代わられていましたが、最近のカジュアルラインのアレな印象から察するに仕方のないトコだったのかもしれません。
シックなラインだけで十分カッコイイから、ムリに崩したりしなくていいと思うんですけどね。

***

酸味。
元町の紅茶専門店でサンドウィッチをつまみつつ、ライムスカッシュでほっと一息。
専門店で紅茶をオーダーしないトコがオレらしいっちゃオレらしいでしょうか?
つか、妊娠したのか最近すっぱいものが飲みたいのです。
とりあえず、搾ったライムとライムジュースの甘酸のハーモニーが秀逸でした。
またこれ頼もうと思わせる、久々のヒット。
そして、日曜日にはウェルチのピンクグレープフルーツジュースを買ってしまっていたりします。
本格的に妊娠かもしれません。
ストレスという名の胎児を身篭っているのかもしれませんわ。

***

髪も切りました。
毎度のごとく千円カットですが。
サクサクと鋤いてもらってスッキリと夏バージョンの完成です。

そんな充実の週末。
久々に少しだけ写真も撮ってみましたが、あぷは未定。

コメントはまだありません »

コメントを残す

Dirty Rotten Imbeciles

thrash

鋼鉄色の音。
赤銅色の泡。
美しくある音と味。

off shore

off shore

雷鳴。
陽射し。
夏の日の匂い。

gate

gate

狐火の灯る道。
非日常への入口。
非日常からの出口。

as a child

氷川丸

汽笛の音。
夜の匂い。
幼い頃の記憶。

月光

月ひとつ

非日常の灯。
月明かりは銀色。
月に映えるのは艶。

焼葡萄

camus

季節は巡る。
温度は変わる。
ボクはまだ此処に居る。

vedett

シロクマ

見た目が10割。
でも、ギャップも面白い。
振れ幅は大きい方が面白さも大きい。

Panache

グラスビール

夜の帳。
麦酒の泡。
初夏の匂い。

Gorgonzola

stracchino di Gorgonzola

見知らぬ仲間。
肌馴染みのある空気。
ボクは変わらず此処に居る。

PUNK

India Pale Ale

香り立つ泡の音。
寄せ集めで型作る芸術。
青二才が塗り替える常識。

memento mori

サクラ

春の国替えはずるい。
桜の季節に思い出すから。
でも「carpe diem」と心に刻む。

(V)o¥o(V)

鉄馬乗り

昼下がりの嬌声。
舌に響く前菜。
弾ける麦酒の泡の音。

light

ランタン

いつもの席。
いつもの曲。
いつもの非日常。

father

雨の碧

貴方のお陰で
随分と久しく
泣くことを思い出した

seven

夜桜

さくらさくら
花吹雪
舞い落ちる彩