吐露

一応水っぽい生活をしていた時期があるので、どんな手段を用いれば一般よりも少し頭の弱いお嬢やお坊が、キレイめのおねいさんお兄さんに騙されるのかは、わりと肌で感じられます。
何ていうんでしょうね、純粋なコほど自分の前だけで過去を告白するような行動に弱いんですよね。
夢を持ってる人がいたらゴメンナサイ。
実際のところ、ホストやキャバ嬢がする身の上話なんて、ほとんど先輩から受け継いだものですよ。
本音をこぼすのは本名を知ってる、お店の外での友達にだけ。
キャリアを積んでれば積んでるほど、過去を騙るのが上手くなりますし、偽りの過去ですら自分のものだと思い込めるようになっているんです。
オレはムリですわ、ありもしない過去を真実味を出して聞かせるくらい虚しいものはないですから。
下手したら自分のホントの傷口を開いて、本気で泣いてしまう可能性がありましたしね。
お客に飾りじゃない涙を見せるってのは、夢を売る商売をしている人間としては失格です。
しょうもない嘘だったら、普段の口調と変わらずに言うことはできるんですけども。
「すみません、電車が混んでいたので遅刻しました」とかね。
なんていうのか、会って間もない人間に傷口を晒すような相手は疑ってかかれと言いたいのですわ。

***

サングリア始めました。
2年ぶりくらいにサングリアを作成中。
明日の夕方には飲み頃になるでしょう。
安ワインに、傷みはじめたフルーツをザク切りでぶち込んで24時間。
果実酒をつくるよりも早く飲めるのがおすすめです。
隠し味にバナナを入れると味わい深くなったりします。
ウチのは少し強くなるようにスピリッツを少々足してみたりしてます。
今回のはどんな感じの味になるのか今から楽しみ。
かなりフルーツをドバドバいれた贅沢仕様なので、お店の自家製サングリアには負けない自信ありです。
明日はバルセロナ旅行の最終日を思い出して飲みたいと思います。

***

業務連絡。
ようやく電話を入手しました。
相変わらずの無料じゃないとケータイを欲しがらないようです。
ちなみに、J-PhoneのT08のパールピンクです。
初のJ-Phoneに大はしゃぎする予定です。
電話番号はちゃんと使いはじめてからメールでもしようかなと考えております。
フライングで知りたい方はメールでもください。

コメントはまだありません »

コメントを残す

Dirty Rotten Imbeciles

thrash

鋼鉄色の音。
赤銅色の泡。
美しくある音と味。

off shore

off shore

雷鳴。
陽射し。
夏の日の匂い。

gate

gate

狐火の灯る道。
非日常への入口。
非日常からの出口。

as a child

氷川丸

汽笛の音。
夜の匂い。
幼い頃の記憶。

月光

月ひとつ

非日常の灯。
月明かりは銀色。
月に映えるのは艶。

焼葡萄

camus

季節は巡る。
温度は変わる。
ボクはまだ此処に居る。

vedett

シロクマ

見た目が10割。
でも、ギャップも面白い。
振れ幅は大きい方が面白さも大きい。

Panache

グラスビール

夜の帳。
麦酒の泡。
初夏の匂い。

Gorgonzola

stracchino di Gorgonzola

見知らぬ仲間。
肌馴染みのある空気。
ボクは変わらず此処に居る。

PUNK

India Pale Ale

香り立つ泡の音。
寄せ集めで型作る芸術。
青二才が塗り替える常識。

memento mori

サクラ

春の国替えはずるい。
桜の季節に思い出すから。
でも「carpe diem」と心に刻む。

(V)o¥o(V)

鉄馬乗り

昼下がりの嬌声。
舌に響く前菜。
弾ける麦酒の泡の音。

light

ランタン

いつもの席。
いつもの曲。
いつもの非日常。

father

雨の碧

貴方のお陰で
随分と久しく
泣くことを思い出した

seven

夜桜

さくらさくら
花吹雪
舞い落ちる彩