時々猫と話をしよう

昨日は2人ばかり新しいコに会ったわけです。
普段は一目散に逃げてしまうというそのコたちは、オレの顔をじろじろ見ながらなにやら観察していた様子です。
「不思議なもんだなぁ」という家主の言葉はオレにとっての誉め言葉。
目だけで通じ合える関係というのはいいものです。
というか、目を見て向かい合えば気持ちは通じるのです。
相手が人間だろうがなかろうが関係ありません。

***

散髪。
失恋したので髪を切りました、というネタもしつこいですね。
5センチ切るつもりが、なぜだか10センチ近く切られてました。
スッカリ短髪です。
ビバ、1000円カット。
気分を変えるって意味じゃ良かったかもね。
夏モードってトコでしょうかね。
前髪を残したので、下ろすとガキっぽくて恥ずかしくもあったり。
ホントはまたザックリ明るい色にでもしたいんですが、仕事柄じゃなくて職場柄アレです…。
昨日「仕事はスーツでいかなくてもいいんだろ?」とか言われちゃったくらいに、職種的にはスーツじゃなくてもできそうなイメージみたいですけどね。
ちなみに今日はデニムの上下でした。
ビバ、若づくり。

***

なんで銀塩っていうの?(フォームより)
銀塩ってのは、感光剤に由来します。
フィルムには塩化銀・臭化銀とか光に反応するものが含まれているのです。
また、フィルム式の写真を銀塩写真、コピーを非銀塩写真と写真業界で呼んできた名残とも言われます。
たしかに銀だけが感光剤ではないので、後者の方が信憑性ありっぽいです。
でも、デジカメがここまで普及しなかったら、銀塩という言葉は定着しなかった気がしますねぃ。
そしてリコーが銀塩撤退の模様ですね。
かなり良いカメラを作ってきただけに残念ですが、それだけニーズがデジタルに移っているってコトで納得しておきたいと思います。
たしかに、A1とかA0サイズのポスター写真ですら、今はデジカメで撮影していますものね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

Dirty Rotten Imbeciles

thrash

鋼鉄色の音。
赤銅色の泡。
美しくある音と味。

off shore

off shore

雷鳴。
陽射し。
夏の日の匂い。

gate

gate

狐火の灯る道。
非日常への入口。
非日常からの出口。

as a child

氷川丸

汽笛の音。
夜の匂い。
幼い頃の記憶。

月光

月ひとつ

非日常の灯。
月明かりは銀色。
月に映えるのは艶。

焼葡萄

camus

季節は巡る。
温度は変わる。
ボクはまだ此処に居る。

vedett

シロクマ

見た目が10割。
でも、ギャップも面白い。
振れ幅は大きい方が面白さも大きい。

Panache

グラスビール

夜の帳。
麦酒の泡。
初夏の匂い。

Gorgonzola

stracchino di Gorgonzola

見知らぬ仲間。
肌馴染みのある空気。
ボクは変わらず此処に居る。

PUNK

India Pale Ale

香り立つ泡の音。
寄せ集めで型作る芸術。
青二才が塗り替える常識。

memento mori

サクラ

春の国替えはずるい。
桜の季節に思い出すから。
でも「carpe diem」と心に刻む。

(V)o¥o(V)

鉄馬乗り

昼下がりの嬌声。
舌に響く前菜。
弾ける麦酒の泡の音。

light

ランタン

いつもの席。
いつもの曲。
いつもの非日常。

father

雨の碧

貴方のお陰で
随分と久しく
泣くことを思い出した

seven

夜桜

さくらさくら
花吹雪
舞い落ちる彩