誇り高き

オレは過去を誇ります。
たとえ周囲には汚れたものと蔑まれようと、オレにとっては輝かしいものですから。
オレは自分を誇ります。
自身の進んできた道が正しかろうが正しくなかろうが、進んできたこと、成長してきたことが間違っていたとは思わないからです。
オフラインでお会いした方はご存知でしょうが、オレは他人の何倍もプライドが高いです。
高すぎるプライドは時に足枷にもなりますが、それに負けないようにと何かを成し遂げる活力になることもあります。
オレの中でプライドを持つっていうことは、わがままを言うのに似ています。
わがままを通すのにも、プライドを高く持ち続けるのにも、当然のごとく腕(実力)が要るという点において。
そして、とにかくええかっこしいのオレは、カッコつけ続けるためにそれなりの実力を身につけようとすると思います。
高いプライドは努力を他人に見せるコトを許しませんが、汗もかかずに何かを向上させようなんて都合のいい話はあるはずもないので、こんなオレでも陰でこそこそと頑張っているのかもしれません。
でもやっぱり努力なしにアレコレとこなす、ホントに嫌なヤツなのかもしれません。
どちらか見抜きたければ、のんびり酒でも酌み交わすことをお勧めします。

***

事件です。
タイアップってわけでもないんですが、オーダースーツのHANABISHI店長・柳川さんのご好意により、このサイトを見てオーダースーツを購入した方に特典をつけていただきました。
詳しくはBBSか、トップページの「ステキスーツ」からのリンクをご覧ください。
きっと誰よりもオレがビックリしました、素で。

***

事件です。(その2)
諸事情(否:異動・退職)に伴いまして、職場の仲間たちからモエとグラスを頂きました。
すごい感激であまり喜んでなかったように見えたかもしれませんが、ビックリしすぎて言葉にならなかったのです。
いや、なんだか嬉しいやら申し訳ないやら。
体調不良で倒れる少し前に、サシで鶏刺しを食べながら焼酎の瓶で殴り合おうとしていた彼のステキセンスで選ばれたシャンパングラスをただただ嬉しく思います。
とにかく皆さんに感謝です。

コメントはまだありません »

コメントを残す

white

サクラ

国替えの日。
そこから十数年。
ボクはまだ此処に居る。

blue

蒼い屋根

春の夜。
落下する蒼。
満ちてくる静寂。

梅の香り

春の匂い。
冷たい風。
夕闇の温度。

葡萄酒の日

白葡萄酒

グラスの音。
いつもの音楽。
自分を取り戻す時間。

夕焼けの川

夕焼けの川

冷えた風。
夕闇の少し前。
夜はすぐ其処に。

#8

八重桜

間違えないように
焦らないように
あっという間に過去になる

toast

火酒

乾杯の温度。
10年分の遠回り。
グラスの中で鳴る氷。

a standard

チーズケーキと紅茶

定番。
年を経て研ぎ澄まされる。
懐古であり最新であるもの。

noise

雑音

浮き沈み。
雑念。
不調和の先の融和。

torch

蝋燭

「当たり前を当たり前に
 努力ってそういうもの」
そう言って、彼は笑った。 Details »

only lonely

鏡の中

鏡に弾かれる
刹那
独りだと知る

crossroad

交差点

Where is here.
Have I lost my way?
Time is over. Details »

day tripper

シーリングファン

たまに旅に出たくなる。
出来れば干渉されない場所に。
のんびりと、のんびりと。 Details »

bury

星

稀に記憶力の良さに驚かれる。
不足するがゆえの副産物かも知れない。
でも、そうではないと思ってる。 Details »

wall

バックヤード

5本目のボトルが壁に加わった。
グラスを重ねても酔いはまだこない。
真冬らしい寒さのせいだろうか。 Details »