生牡蠣

久々に食いましたよ、日付変わってからだから今日。
今まで食べてたのが、アサリとかシジミに感じるくらいのビッグサイズ。
3年物というのはこういうものなのかと驚かされました。
海の味というんでしょうか、もうプリプリ感がたまりませんでしたわ。
時間が時間だけに美味いポン酒と合わせられなかったのだけが心残りですが…。
もしかしたら、牡蠣本来の味を楽しめて逆に良かったのかもしれません。
それにしても3年経った今、3年物の牡蠣っていうチョイスが憎いね。

***

選挙。
知事選は必ず行ってください。
神奈川県民は特に、間違っても棄権とかしないでください。
知事選に臨む姿勢すらお遊びのようなオバサンに知事になってもらいたくはないのです。
学級委員のように半年間だけのネタで済むならいいですが、4年間かけて神奈川県をグダグダにされては神奈川土着民族のお兄さんとしては非常に困るのです。
まぁ、当選したところで即リコールの嵐でしょうが。
田中のおじちゃんとは違って、県民の声が助け舟になるとも思えませんし。
日々の暮らしに直接関わることだから、若い世代ももうちょっと関心持ってもイイと思うんですけどね。
投票に行かないヤツは、どんな施策によって自分たちが不利な立場に追い込まれてもどんな反論も返す資格はないです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

white

サクラ

国替えの日。
そこから十数年。
ボクはまだ此処に居る。

blue

蒼い屋根

春の夜。
落下する蒼。
満ちてくる静寂。

梅の香り

春の匂い。
冷たい風。
夕闇の温度。

葡萄酒の日

白葡萄酒

グラスの音。
いつもの音楽。
自分を取り戻す時間。

夕焼けの川

夕焼けの川

冷えた風。
夕闇の少し前。
夜はすぐ其処に。

#8

八重桜

間違えないように
焦らないように
あっという間に過去になる

toast

火酒

乾杯の温度。
10年分の遠回り。
グラスの中で鳴る氷。

a standard

チーズケーキと紅茶

定番。
年を経て研ぎ澄まされる。
懐古であり最新であるもの。

noise

雑音

浮き沈み。
雑念。
不調和の先の融和。

torch

蝋燭

「当たり前を当たり前に
 努力ってそういうもの」
そう言って、彼は笑った。 Details »

only lonely

鏡の中

鏡に弾かれる
刹那
独りだと知る

crossroad

交差点

Where is here.
Have I lost my way?
Time is over. Details »

day tripper

シーリングファン

たまに旅に出たくなる。
出来れば干渉されない場所に。
のんびりと、のんびりと。 Details »

bury

星

稀に記憶力の良さに驚かれる。
不足するがゆえの副産物かも知れない。
でも、そうではないと思ってる。 Details »

wall

バックヤード

5本目のボトルが壁に加わった。
グラスを重ねても酔いはまだこない。
真冬らしい寒さのせいだろうか。 Details »