料理

まあそこらの主婦よりは上手いと思う。
今日はもうだるーいってコトで、惣菜でも買ってけばいいやって思ってたんですが、諸事情により、気づくと何故だかスーパーで食材を買っている自分がいました。
メニューは、ドミグラスソースの煮込みハンバーグとシュニッツェルという肉々しい組み合わせでした。
久々にシュニッツェルをつくってみたんですが、薄切り肉がなかった関係でステーキ肉を自分で薄切りにしてつくってみたんですわ。
んで結論。
・・・そのまま牛カツにすれば良かったかも。
煮込みハンバーグ(シチューの中にハンバーグが入ってるようにも見えるのは秘密)の出来が良かっただけに、アレな雰囲気は否めませんでした。
修行しなおします。
でも次に気が向いた場合はタンシチューにしようと心に決めました。
だってメチャメチャリーズナブルな牛タンの塊を見ちゃったら、やっぱり料理人の心が動くじゃないですかぁ。

***

料理道具。
風呂上りにまどろみながら、テレビを見ていると「グローバル」のぺティナイフが!
やっぱりなぁ…、道具で料理なんざ変わらないというのが信条ですが、イイ道具には食指が動いてしまいます。
一緒に出てたやたら重い、ヨーロピアンカラーな鍋にはちっとも惹かれませんが。
道具にこだわりのないオレがステキだと思うくらい、グローバルの包丁はホントにステキな使い心地なのです。
たしかに諭吉さんを何枚も投入するなら、グローバル以上のクオリティはいくらでも求められますが、あの値段でここまで良くやったというのがステキなのです。
ただ、これから調理道具をそろえる方には強くお勧めしますが、買い替えてまで使い勝手の良さが際立つかと言われればそんなことはありません。
最終的には調理する人の「腕」ですからね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

white

サクラ

国替えの日。
そこから十数年。
ボクはまだ此処に居る。

blue

蒼い屋根

春の夜。
落下する蒼。
満ちてくる静寂。

梅の香り

春の匂い。
冷たい風。
夕闇の温度。

葡萄酒の日

白葡萄酒

グラスの音。
いつもの音楽。
自分を取り戻す時間。

夕焼けの川

夕焼けの川

冷えた風。
夕闇の少し前。
夜はすぐ其処に。

#8

八重桜

間違えないように
焦らないように
あっという間に過去になる

toast

火酒

乾杯の温度。
10年分の遠回り。
グラスの中で鳴る氷。

a standard

チーズケーキと紅茶

定番。
年を経て研ぎ澄まされる。
懐古であり最新であるもの。

noise

雑音

浮き沈み。
雑念。
不調和の先の融和。

torch

蝋燭

「当たり前を当たり前に
 努力ってそういうもの」
そう言って、彼は笑った。 Details »

only lonely

鏡の中

鏡に弾かれる
刹那
独りだと知る

crossroad

交差点

Where is here.
Have I lost my way?
Time is over. Details »

day tripper

シーリングファン

たまに旅に出たくなる。
出来れば干渉されない場所に。
のんびりと、のんびりと。 Details »

bury

星

稀に記憶力の良さに驚かれる。
不足するがゆえの副産物かも知れない。
でも、そうではないと思ってる。 Details »

wall

バックヤード

5本目のボトルが壁に加わった。
グラスを重ねても酔いはまだこない。
真冬らしい寒さのせいだろうか。 Details »