クスリ

ドラッグすらファッションになったと、教授らしき人が告げていた。
いまやドラッグはワンコイン、ローティーンですら買える値段。
ドラッグの持つ痛みを知らない人間なら、一時の快楽を欲して溺れていくのかもしれない。
オレは壁がお友達になってしまったヤツや、幻覚に向かって包丁を振り回すヤツ、骨すら残せなかったヤツを見てきたおかげか、バカげているとしか思えない。
自分の未来を切り捨てた上に、小銭を吐き出して得る快楽は一体どれほどのものなんだろうか。
オレ自身もクラブ系ドラッグの高揚感を知らないわけではないし、アッパーにしてもダウナーにしても経験がないとは言わない。
ただ、それのもたらす真実を見てしまってからは、とてもじゃないけど使う気にも使わせる気にもなるはずもない。
「やめたい」と泣きじゃくりながら自分の手首にナイフを押し当てて、それでもやめることができずに、いつしか中毒症状によって命や正常な精神を失くしていくヤツを幾度も見てきた。
そんなのを目の当たりにして、自分はうまく付き合っていけるだなんて信じられるはずもない。
「これが生き地獄なんだろうな」と中毒者の1人はオレに告げた。
オレはもう生き地獄は味わいたくない、それを聞いたときに心の底からそう思った。

***

昨晩はロンリコ151ロックを片手に、マヨネーズ炒飯やらネバネバサラダとかを食ってました。
傍らにはステキな小さめのおねいさん。
朝まで2人で飲んでました…、とか書くと胡散臭いですか。
まぁ色々とメンツが入れ替わる中で、ずっと居座っていたのが2人だったってだけなんですが。
謎のマッサージ師にやたらと気持ちのいいマッサージ(隣りの女の子いわく「めちゃめちゃ痛い」らしい)をしてもらったり、謎のロッカーに全身のタトゥーを見せてもらったり、冷凍食品の搬入してるやつに最近の冷凍炒飯の出来のよさを思い知らされたり、なかなか濃い夜でした。
体調はかなりの勢いで悪かったんですが、軽いアルコールの酔いとトークの楽しさでちょっと快復。

コメントはまだありません »

コメントを残す

chopsticks

食事セット

お箸を上手く使えること。
挨拶がきちんと出来ること。
それだけで良いと思う。 Details »

colored

赤い原付

色のある人、
雰囲気のある人、
という言葉がある。 Details »

a bientot

リボン

寒い中、ベンチに座って空を見上げる。
空に星はなく、厚い雲の仏頂面が目に入る。
不意にGBM患者を見舞った時の Details »

if you want

窓辺の灯り

恐ろしい人というのがいます。
そして、往々にしてそれは敬愛する人と重なります。
つまり畏怖と尊敬は紙一重 Details »

green

ミドリイロ

your eyes,
still got the light.
now you wake up.

dice

ロイヤルミルクティー

God doesn’t throw the dice.
The choice is in my hand.
Please erase my wreck.

somewhere

ランプ

Now It’s time to go.
I know where you’re going.
Let me see your pride now.

thermostat

河

白と黒の二元論。
でも正解はいつも灰色の中。
ボクらはグラデーションで生きている。

pains

窓の外

記憶は薄れるもの。
刻み付けるために必要なのは傷や痛み。
墨だらけの先達はそう言って笑っていた。

stage

時計

努々忘れないように。
舞台は目紛しく変わっていくもの。
演者も衣装を変え、演技を変えるもの。

新年イヴ

樹

成すべきために為すことを。
瞬間最大風速屋の本領発揮で。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

malus

林檎

知恵の実。
冬の匂い。
年明け迄もう少し。

月ヲ見ル

月見

白い息。
突き刺す風。
見上げる月。

星降夜

流星

冬の匂い。
年の瀬の温度。
家路を急ぐファザークリスマスたち。

julbock

藁

讃美歌。
砂糖菓子。
白葡萄酒。