purple

夕闇の風。
いつもの香水。
U got me blowin’, blowin’ my mind.

5 Comments »

  1. Kei Arima より:

    人ごみで「あ」っと思う香水の香りに、その時の高揚感とか、その時のショックとかは
    鮮烈に蘇るのに、そのシチュエーションは「???」右脳しか働いてないのか?
    動物か!?(動物の皆さんに失礼!!)

    昨日のことは良く覚えてないが、昔のことも覚えてない。朝から仕事、朝まで仕事を交互にやってると、だんだん万年時差ぼけ状態になってくる。

    きついタバコとオリーブオイルの揚げ物の香りでマドリッドの駅の雑踏を思い出すし、そういえばパリの地下鉄って何でいつも焦げ臭かったんだろう。同じオリーブオイルの揚物の香りでも
    明るい日差しと路地裏の手拍子があると南の方の感じだしなあ。
    コーヒーの香りは朝のホテルだな。ゆで卵、ハム、どっか行きたいね。っつーか土曜は朝から仕事だ!!!

  2. より:

    香りに脳をガツンとやられることは多いです。
    目や耳や口や頭が悪いもので、鼻に関しての記憶は良いようで。

    万年時差ぼけって良い表現ですね。たしかにそんな感じ。

    香りで旅に出たくなる人は美味しいものを知っている、そんな気がします。
    むしょうにピルピルが食べたくなりました。

  3. Kei Arima より:

    にいさんは口は悪そうだが、頭は良さそうだ。
    で、ピルピルって!?

    あっ、そうか
    お手を煩わせては申し訳ないので
    検索します。

    わからなかったら、教えてください。

    カイトの写真の「水平線の角度」が絶妙で
    心から感心。

  4. Kei Arima より:

    わかった!!
    こいつはアンチョビがあったほうがいい。
    買いに行く(仕事から逃避)
    グラシアス!!

  5. より:

    悪知恵は働きますが、正道を歩けないタイプ。

    お、見つかりましたか。
    ちょっとステキなメニューです。
    軽く食べても、後に重いのを据えてもいい感じです。

    水平線…、ああ絶妙に下り坂っぽいですね。
    気づきませんでしたが、言われてみるとなかなか良い感じ。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

chopsticks

食事セット

お箸を上手く使えること。
挨拶がきちんと出来ること。
それだけで良いと思う。 Details »

colored

赤い原付

色のある人、
雰囲気のある人、
という言葉がある。 Details »

a bientot

リボン

寒い中、ベンチに座って空を見上げる。
空に星はなく、厚い雲の仏頂面が目に入る。
不意にGBM患者を見舞った時の Details »

if you want

窓辺の灯り

恐ろしい人というのがいます。
そして、往々にしてそれは敬愛する人と重なります。
つまり畏怖と尊敬は紙一重 Details »

green

ミドリイロ

your eyes,
still got the light.
now you wake up.

dice

ロイヤルミルクティー

God doesn’t throw the dice.
The choice is in my hand.
Please erase my wreck.

somewhere

ランプ

Now It’s time to go.
I know where you’re going.
Let me see your pride now.

thermostat

河

白と黒の二元論。
でも正解はいつも灰色の中。
ボクらはグラデーションで生きている。

pains

窓の外

記憶は薄れるもの。
刻み付けるために必要なのは傷や痛み。
墨だらけの先達はそう言って笑っていた。

stage

時計

努々忘れないように。
舞台は目紛しく変わっていくもの。
演者も衣装を変え、演技を変えるもの。

新年イヴ

樹

成すべきために為すことを。
瞬間最大風速屋の本領発揮で。
シンプルに、気まぐれに、ええかっこしいで。

malus

林檎

知恵の実。
冬の匂い。
年明け迄もう少し。

月ヲ見ル

月見

白い息。
突き刺す風。
見上げる月。

星降夜

流星

冬の匂い。
年の瀬の温度。
家路を急ぐファザークリスマスたち。

julbock

藁

讃美歌。
砂糖菓子。
白葡萄酒。