サクラ

合コンやカップリングパーティーにもサクラという仕事がある。
1回のバイト代が1万とかそんなもんで、フードやドリンクは普通の参加者と同じように飲み食いして構わないという、お金のない学生さんにはなかなか美味しい仕事。
最終的には異性側のサクラとカップルになって、めでたしめでたしというヤツだ。
当然それなりの見た目のヤツがサクラになるので、美男美女カップルが1組はできるので上手くいかなかった参加者のうちの何人かは「次こそは自分も」という気になるという仕組み。
だからそういうパーティで、本気で恋人なり友達なりを探すってのはどうかと思うよってコトです。

***

「なんかいやらしいよね」とよく言われる。
「セクシーとか色っぽいということですね、ぐふふ」と勝手に納得しているのだが、よくよく聞くとどうも違うらしい。
どうも色っぽいのではなく、エロっぽいのだそうな。
たしかに胸の開いたカッコとか好きですし、なんとなくいやらしい雰囲気の服も普通に着ますが、エロいのはカッコだけで中身はそんなコトないと思ってたのになぁ…。
でもよくよく考えたら、挨拶ぽい軽いキスよりもアタマをクラクラさせるようなドロドロしたキスのが好きだし、ちょっと突然に首筋にかみつくのがステキだと思うし、信号待ちでは腰に回した手で相手を強引にぐいっと引き寄せるのが好きだし…なぁ。
そういうのが雰囲気にもにじみ出てるのかなと、ちょっと納得してみたり。

コメントはまだありません »

コメントを残す

wheel of fortune

輪と樹

No.10。
金冠の獅子。
転機を示す輪。

silhouette

影絵

気怠い暖房。
暖かいお茶。
色のない夢を見る。

pine

皿の上の松

反芻する言葉。
キャロルの季節に。
大したことじゃないけど。

ノエルの靴

ノエルの靴

嬌声は遠く。
雑踏は遠く。
降誕祭の温度。

冬の華

華

暗い空にしがみつく星座。
片手には缶珈琲。
星の名前を思い出す。

I’ll sing the blues

蒼い灯

I’m free to be whatever I
Whatever I choose
And I’ll sing the blues if I want

Chant de Noel

紅色

ノエルの足音。
肌を刺す風の温度。
キャロルの聴こえ始める頃。

Tokyo Tower

Tokyo Tower

いつもと同じなら。
やり方は人それぞれ。
自分なりのそれを選べばいいだけ。

colors

夕暮れの灯

冬の匂いのする夕焼け。
色の変わる灯りを見上げる。
明日はきっと晴れる。

china blue

中華街の門

消えていく温度。
今はなき人たちの残り香。
今宵は良い歌を聴きたい。

wonder wall

壁画

壁に描かれる絵。
幼い頃のそれはスプレーで。
オトナになったそれは光の色で。

fountain

噴水

夕暮れ。
童謡の流れる時間。
お家に帰ろう。

キラキラヒカル

石の光る部屋

輝きの色と。
輝きの温度と。
キラキラヒカル。

恐竜の日

恐竜の日

何も変わらず。
胸の熱さはそのままに。
幼い日に見上げたのと同じ。

re:born

窓辺の華

嬌声と乾杯と。
遠回りの途中。
紡ぐのは記憶。