誰かに熱さを感じることって、なかなかないものです。
でも、ごく稀にだけど、何気ない瞬間にすごく惹きつけられる力を感じる相手がいるんですよね。
それは、バーの店長だったり、腕のイイ美容師だったり、はたまた可愛い顔した制服フェチ学生や、賭けダーツ好きのオヤジだったりと、年代も社会的立場もバラバラなんですけど、共通してあるのが「自分を持っている」人たちだということ。
なんだかついつい惹かれてしまう相手って良くも悪くも、周囲に流されないタイプの人間が多いんです。
我が強いというか信念を持っているというか、プラスと取るかマイナスと取るかは受け手次第という危うさも相まってオレにはとても魅力的に映るのです。
熱いのはカッコ悪いと中途半端に冷静ぶるくらいなら、1度だけでも焦げ焦げになるくらい熱くなってみた方が楽しいんじゃないかなって、彼らを見てると思うのです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

タンドールの隣りから

タンドールの隣りから

異国の麦酒。
昼下がりの香辛料。
15年分の遠回りを。

藁の上の箱

藁の上の箱

不思議の箱。
隠されている何か。
茸、星、それとも不思議な花?

spiral

螺旋

螺旋。
遠心力。
巻き込みの力。

イロトリドリ

イロトリドリ

溢れる色。
流れる時間。
紡ぐのは記憶。

Secret Window

秘密の窓

秘密の窓。
部屋に広がる宇宙。
見てはいけない部屋。

碧珠

碧色

法皇の緑。
糸の結界。
幼い日のヒーロー。

月の舟

月の舟。
降りてくる空。
風の抜ける夜。

milkyway

milkyway

幼い日を思い出す。
揺れて眠れない寝台車。
子守唄は線路の鳴る音。

夜中の交差点

夜中の交差点

深夜の散歩道。
傍らには尻尾の生えた友達。
「月はどっちに出ている?」

川面

川面

川沿いの道。
風の抜ける温度。
夏の終わり。

蝉時雨

鉄塔

鉄塔。
風鈴。
夏の終わり。

イツモノ

いつものカウンター

いつもの会話。
いつもの温度。
いつものカウンター。

冷珈琲

冷珈琲

夏の清涼剤。
ミルクもシュガーも要らない。
足すのは氷の鳴る音だけ。

孤高

孤高

夜の主。
孤高の視線。
気高くしなやかに。

境界

境界

夜の音。
隔てる塀。
幼い頃は塀の向こう。