取捨

何を得てきたのか、何を失くしてきたのか、思い出そうにも思い出せない。
手にしたものや失くしたものが、周りと少し違ったのかもしれない、
でもそれがオレらしい選択だったのだと信じている。
五を捨て十を得る、そんな器用な真似はしてこなかった。
五を持ち十も拾う、アレも欲しいコレも欲しいわがままなガキだったから。
そのせいで迷惑をかけた相手もいるし、失ってしまった相手もいる。
でもそれで良かったのだと思う、…そう信じている。
これから先も色々なものを捨てられずに行くのだと思う。
自分の歩みのことなど考えず、色々なものを背負い込んでいくのだと思う。
オレを受け入れてくれヤツらとどこかでつながって、お互いを幸せにしたり不幸にしたりを繰り返して楽しんでいけたらいいなって思う。
オレは必ずしもプラス要素にはなりえないし、クセのある連中はみんなそんなもんだと思ってるから、幸福ばかりを分け与えようなんて考えは微塵もない。
バチバチとぶつかり合って、どこかでつながりあっていきたい、そう願ってる。

***

直接の面識はありませんが。
同じメイカーズマーク飲みとして。
ご冥福をお祈りします。

コメントはまだありません »

コメントを残す

タンドールの隣りから

タンドールの隣りから

異国の麦酒。
昼下がりの香辛料。
15年分の遠回りを。

藁の上の箱

藁の上の箱

不思議の箱。
隠されている何か。
茸、星、それとも不思議な花?

spiral

螺旋

螺旋。
遠心力。
巻き込みの力。

イロトリドリ

イロトリドリ

溢れる色。
流れる時間。
紡ぐのは記憶。

Secret Window

秘密の窓

秘密の窓。
部屋に広がる宇宙。
見てはいけない部屋。

碧珠

碧色

法皇の緑。
糸の結界。
幼い日のヒーロー。

月の舟

月の舟。
降りてくる空。
風の抜ける夜。

milkyway

milkyway

幼い日を思い出す。
揺れて眠れない寝台車。
子守唄は線路の鳴る音。

夜中の交差点

夜中の交差点

深夜の散歩道。
傍らには尻尾の生えた友達。
「月はどっちに出ている?」

川面

川面

川沿いの道。
風の抜ける温度。
夏の終わり。

蝉時雨

鉄塔

鉄塔。
風鈴。
夏の終わり。

イツモノ

いつものカウンター

いつもの会話。
いつもの温度。
いつものカウンター。

冷珈琲

冷珈琲

夏の清涼剤。
ミルクもシュガーも要らない。
足すのは氷の鳴る音だけ。

孤高

孤高

夜の主。
孤高の視線。
気高くしなやかに。

境界

境界

夜の音。
隔てる塀。
幼い頃は塀の向こう。