食わず嫌い

YMOとかクラフトワークとか、ガキの頃はテクノで育ったんですよ。
彼らの音って打ち込みなのに心があるというか、なんか温かい感触がステキなのです。
ORBとか808Stateとか知ってる人しか知らないような(当然)ユニットも当然聴いていた時期があります。
それなので、心のない打ち込み音楽ってキライなわけです。
そんなわけでユーロビートちっくな音楽を普及させてきたエイベックスは敬遠がちだったんですが。
やっぱり食わず嫌いはよくないなってコトで試聴とかしてみたら、なかなか良いものもあるんだなって実感しましたわ。
CCCDはいただけませんけどね、ホントに。
ただ、カリスマお嬢はオレにとっては食わず嫌いではなかったようです。
カリスマお嬢似の化粧をした女の子はまだ食わず嫌いですが。(笑)

***

昨日の話に絡めてスーツ。
オレって手長脚長星人なので、スーツはもっぱらオーダーです。
せっかくのオーダーなので、色々面白いことをやってもらってしまいます。
こだわりを見せつけてやろうっていうわけでもないんですが、微妙に変なスーツです。
特にジャケットは、シングル4つボタン、セミピークラベル、ウエストシェイプ、と他とは微妙な違いを見せてみたり。
シックな中にも遊び心がある、そんなスーツってステキです。
柳川さんいつもわがままなオーダーを聞いてくれてありがとうございます。

コメントはまだありません »

コメントを残す

タンドールの隣りから

タンドールの隣りから

異国の麦酒。
昼下がりの香辛料。
15年分の遠回りを。

藁の上の箱

藁の上の箱

不思議の箱。
隠されている何か。
茸、星、それとも不思議な花?

spiral

螺旋

螺旋。
遠心力。
巻き込みの力。

イロトリドリ

イロトリドリ

溢れる色。
流れる時間。
紡ぐのは記憶。

Secret Window

秘密の窓

秘密の窓。
部屋に広がる宇宙。
見てはいけない部屋。

碧珠

碧色

法皇の緑。
糸の結界。
幼い日のヒーロー。

月の舟

月の舟。
降りてくる空。
風の抜ける夜。

milkyway

milkyway

幼い日を思い出す。
揺れて眠れない寝台車。
子守唄は線路の鳴る音。

夜中の交差点

夜中の交差点

深夜の散歩道。
傍らには尻尾の生えた友達。
「月はどっちに出ている?」

川面

川面

川沿いの道。
風の抜ける温度。
夏の終わり。

蝉時雨

鉄塔

鉄塔。
風鈴。
夏の終わり。

イツモノ

いつものカウンター

いつもの会話。
いつもの温度。
いつものカウンター。

冷珈琲

冷珈琲

夏の清涼剤。
ミルクもシュガーも要らない。
足すのは氷の鳴る音だけ。

孤高

孤高

夜の主。
孤高の視線。
気高くしなやかに。

境界

境界

夜の音。
隔てる塀。
幼い頃は塀の向こう。