夜の海岸

月明かりがやけに明るい。
波音は静かに耳を叩く。
オフシーズンの夜とあって人影もない。
ただ静かに家路を歩く。
何を考えるわけでもなく、冬の夜空を眺めながら。
空を彩る星になぜだか妙にホッとした。

***

みなさん、司教の命日は盛り上がりましたか?
日本では製菓会社の頑張りで女性から男性にチョコレートを贈る風習のようですが、本筋は好きな相手のことを想ってなにか渡せる日だったと思います。
1日遅れてしまいましたが、週末ということもありますので、今日明日は男性も告白に走ると良いです。
贈り物にはデカイ花束なんか個人的にはツボです。
もしその花束が似合ってれば、貴方は間違いなくイイオトコですから胸を張って告白しておきましょう。
オレはイベント時以外に何かしたい派なので、突発的に気まぐれでプレゼントでも贈ろうかと思ってますけどね。

***

鯨のユッケなんてステキな代物をいただきました。
やっぱりチェーンじゃないステキ居酒屋は料理も酒も美味しいですねぇ。
姉貴に感謝といった感じです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

タンドールの隣りから

タンドールの隣りから

異国の麦酒。
昼下がりの香辛料。
15年分の遠回りを。

藁の上の箱

藁の上の箱

不思議の箱。
隠されている何か。
茸、星、それとも不思議な花?

spiral

螺旋

螺旋。
遠心力。
巻き込みの力。

イロトリドリ

イロトリドリ

溢れる色。
流れる時間。
紡ぐのは記憶。

Secret Window

秘密の窓

秘密の窓。
部屋に広がる宇宙。
見てはいけない部屋。

碧珠

碧色

法皇の緑。
糸の結界。
幼い日のヒーロー。

月の舟

月の舟。
降りてくる空。
風の抜ける夜。

milkyway

milkyway

幼い日を思い出す。
揺れて眠れない寝台車。
子守唄は線路の鳴る音。

夜中の交差点

夜中の交差点

深夜の散歩道。
傍らには尻尾の生えた友達。
「月はどっちに出ている?」

川面

川面

川沿いの道。
風の抜ける温度。
夏の終わり。

蝉時雨

鉄塔

鉄塔。
風鈴。
夏の終わり。

イツモノ

いつものカウンター

いつもの会話。
いつもの温度。
いつものカウンター。

冷珈琲

冷珈琲

夏の清涼剤。
ミルクもシュガーも要らない。
足すのは氷の鳴る音だけ。

孤高

孤高

夜の主。
孤高の視線。
気高くしなやかに。

境界

境界

夜の音。
隔てる塀。
幼い頃は塀の向こう。