何の気なしに調べた名前。
かつて住んでいた場所にあった。
のんびりとした空間で落ち着きをくれた店。
くだらないこだわりもなく、ただカッコイイ空気を感じさせてくれていた。
引越しの挨拶もせず、いつかは顔を出せたらと思っているだけでゴメンナサイ。
またいつかどこかのバーで会えたらいいね。
カウンターを隔ててでも、スツールで隣り合ってでも。
大好きな、思い出の詰まった店の閉店を知るってのは寂しい。
なくなるのが分かっているのも辛いけど、終わって初めて知るというのはもっと寂しい。

写真を少しだけ更新。
久々にちと小細工をしてみました。
これで更新頻度が上がるかどうかは分かりません。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。