誰かに熱さを感じることって、なかなかないものです。
でも、ごく稀にだけど、何気ない瞬間にすごく惹きつけられる力を感じる相手がいるんですよね。
それは、バーの店長だったり、腕のイイ美容師だったり、はたまた可愛い顔した制服フェチ学生や、賭けダーツ好きのオヤジだったりと、年代も社会的立場もバラバラなんですけど、共通してあるのが「自分を持っている」人たちだということ。
なんだかついつい惹かれてしまう相手って良くも悪くも、周囲に流されないタイプの人間が多いんです。
我が強いというか信念を持っているというか、プラスと取るかマイナスと取るかは受け手次第という危うさも相まってオレにはとても魅力的に映るのです。
熱いのはカッコ悪いと中途半端に冷静ぶるくらいなら、1度だけでも焦げ焦げになるくらい熱くなってみた方が楽しいんじゃないかなって、彼らを見てると思うのです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。