斜め

世の中を斜に見る。
一般的には誉められる方法じゃないけど、それが必要な時もある。
斜めから見ると新たな発見があったり、見えていたけど気づかなかったものに気づいたりもする。
周りと違う視点から物事を見れば新しい物が見えてくる。
周囲より一歩先を行くには世間から悪とされるものも取り入れる必要があるってこと。
変わり者を演じるのもたまには大事だよってね。
地が変わり者の場合は自我を開放するだけでいいんだけどね。

***

あ~、忘れてた。
そろそろ今年初のプチオフも考えますかぁ。
横浜周辺のバーかなんかで。
日時は未定ですが、もうちょいあったかくなったら休前日か土曜の夜にでも。
ところで参加希望者っていますかね。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。