夜の海岸

月明かりがやけに明るい。
波音は静かに耳を叩く。
オフシーズンの夜とあって人影もない。
ただ静かに家路を歩く。
何を考えるわけでもなく、冬の夜空を眺めながら。
空を彩る星になぜだか妙にホッとした。

***

みなさん、司教の命日は盛り上がりましたか?
日本では製菓会社の頑張りで女性から男性にチョコレートを贈る風習のようですが、本筋は好きな相手のことを想ってなにか渡せる日だったと思います。
1日遅れてしまいましたが、週末ということもありますので、今日明日は男性も告白に走ると良いです。
贈り物にはデカイ花束なんか個人的にはツボです。
もしその花束が似合ってれば、貴方は間違いなくイイオトコですから胸を張って告白しておきましょう。
オレはイベント時以外に何かしたい派なので、突発的に気まぐれでプレゼントでも贈ろうかと思ってますけどね。

***

鯨のユッケなんてステキな代物をいただきました。
やっぱりチェーンじゃないステキ居酒屋は料理も酒も美味しいですねぇ。
姉貴に感謝といった感じです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。