唇(再)

彼氏や気になる相手の気分を変えさせたいと相談された時には、女の子にオレンジ系の口紅を勧めていた。
赤やピンクよりも、グッと大人っぽく見えるのが良いのだと思う。
すっぴん推奨派だけど、それでも印象がガラリと変わるのはやっぱりステキです。
口紅の色ひとつでちょっとした変化を楽しめるってのは、やっぱり日常的に化粧をする人の特権だよなと思ってみたり。
週末あたり勝負に出ようってコの参考にでもなればと。

***

就職。
何が何でもやりたい仕事を目指してますか?
なんだか学生時代は一社しか受けなかったのでよく分からなかったんだけど、夏前に何件か転職を試みて(結局は元鞘)、落ちる会社と受かる会社の違いが見えてきた。
求めてる実力はさほど変わらないけど、合否が存在するのはなぜかって考えてみたら、ぼんやりとね。
要は自分が本気でやりたいことか否かってコト。
面接官はよっぽどのバカじゃない限りそういう部分をちゃんと見ているんだなって納得。
それから、自分がどうしてもやりたい仕事はアルバイトからでもいいから、どうにかしてその職場に食らい付きたいって意識はかなり強くあるもんね。
まかり間違ってアルバイトとして採用されて働く1ヶ月と、外部から勉強するだけの1年間だったら、やっぱり前者の方がより実になるんだし。
何はともあれ、自分のホントにやりたい仕事なら死ぬ気で目指せばいいし、それが見当たらないんだったら、学生でもプータローでもやり続けたとしてもそれはそれでいいんじゃないかなぁと最近では思ったり。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。