ヨミチ

夜道で幼なじみに会う。
一言だけ言葉を交わし、そのまま通り過ぎる。
幼稚園児の前からの知り合い、スタート地点は似たようなものだったはず。
でも久々に顔を合わせて感じたのは、もう共通点はないだろうなって感覚。
タメのはずだけど、2人で並んでいてもおそらくそうは見えないだろうし、無理やりにでも合わせない限りは話題の共通点も見つからないだろうなって。
お互いに違う世界を生きてきた証拠なんだろうな。
少し寂しくもあったけど、やっぱりなって感覚の方が強かった。
行く道によって変わっていくのも悪くはない。
変わるからこそ、再会は面白いものになるんだから。

コメントはまだありません »

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。