三日月

曇り空の三日月。
走り抜ける風。
潮の香りと砂の感触。

2 Comments »

  1. Kei Arima より:

    一段落したらもう朝だ。夜中仕事の癖がつくのはよろしくないことです。

    カイトいいなあ。
    波が荒いね。どこかなあ。カイトの色が渋いのはリアル?フェイク?(聞いちゃいけないか)
    波の高い海は離れて見るだけで十分こわいのに
    潜る方は長年やってるんで結構平気。
    でも、11月近くなって、荒れた灰色の海で、船べりから後ろ向きに飛び込むときは
    「金出して、何やってんだあ?」と思うことも。

    何年か前の6月にセヴィーリャから地中海目指してドライブ。ひまわり→砂漠→海
    彼方に見えた地中海でいっぱい見たカイトは全部赤だったな。バルセロナ、好きな店あった?

  2. より:

    夜中仕事は進んじゃうだけにクセにしちゃいけませんねー。

    湘南らしくなく荒れた海ですが、どこも加工抜きなのでリアルっすね。
    潜りはやったことないので怖いですね。

    バルセロナで好きだった現存する店はグエル公園のカフェくらいすね。
    通貨がペセタだった頃は、日本人相手には日本語でお会計の金額を言うのがなんかくすぐったくて好きでした。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

夕凪の日

夕凪の日

落下する黒。
喉を焼く赤銅色。
記憶を辿る時間。

誰が神のようになれようか

朧

堕天の穴。
雲の多い日。
月見酒。

No.4

No.4

安定。
吉凶。
魔法の数字。

signals

signals

赤は停まれ。
黄色は注意。
でも、青は進めじゃない。

碧色

碧色

夏の匂い。
通り抜ける風。
あの頃の続き。

午後の紅茶

午後の紅茶

強い陽射し。
夏の音色。
マドラーの鳴らす曲。

珈琲豆

珈琲豆

雑談。
珈琲の香り。
夏の日差し。

いつものカフェで

いつものカフェで

乾杯の続き。
古いロック。
くだらない話。

白昼夢

灯り

陽炎。
冷珈琲。
夢心地。

夜の緑

夜の緑

夜に溶ける緑。
礼節の黒の素。
静寂にたゆる色。

朧月

生は不確かなもの。
死は確かなもの。
曖昧ないつかの記憶。

壁

剥がされた色。
削がれた彩り。
夢の時間は随分と昔。

Coffee and Chigarettes

待ち合わせ

TESLA COIL.
SOMEWHERE IN CALIFORNIA.
DELIRIUM.

海色の鞄

海色の鞄

ココナッツの甘い香り。
足裏に伝わる砂の感触。
波音の聴こえる場所。

夏音

ウッドデッキ

遠くに夏の足音。
文庫本と麦酒と昼寝。
ガキの頃の続き。