生牡蠣

久々に食いましたよ、日付変わってからだから今日。
今まで食べてたのが、アサリとかシジミに感じるくらいのビッグサイズ。
3年物というのはこういうものなのかと驚かされました。
海の味というんでしょうか、もうプリプリ感がたまりませんでしたわ。
時間が時間だけに美味いポン酒と合わせられなかったのだけが心残りですが…。
もしかしたら、牡蠣本来の味を楽しめて逆に良かったのかもしれません。
それにしても3年経った今、3年物の牡蠣っていうチョイスが憎いね。

***

選挙。
知事選は必ず行ってください。
神奈川県民は特に、間違っても棄権とかしないでください。
知事選に臨む姿勢すらお遊びのようなオバサンに知事になってもらいたくはないのです。
学級委員のように半年間だけのネタで済むならいいですが、4年間かけて神奈川県をグダグダにされては神奈川土着民族のお兄さんとしては非常に困るのです。
まぁ、当選したところで即リコールの嵐でしょうが。
田中のおじちゃんとは違って、県民の声が助け舟になるとも思えませんし。
日々の暮らしに直接関わることだから、若い世代ももうちょっと関心持ってもイイと思うんですけどね。
投票に行かないヤツは、どんな施策によって自分たちが不利な立場に追い込まれてもどんな反論も返す資格はないです。

コメントはまだありません »

コメントを残す

茜色

夕暮

いつかの色と同じ。
ヘッドホンを耳に当てる。
あの日の歌が鳴っている。

空海

蒼空海

砂浜。
波の音。
そんだけあればいい。

夏の散歩道

夏の散歩道

夕凪。
潮の香。
遠くに聴く嬌声。

dry county

Lynchburgの彼

a poor man’s made outta muscle and blood.
muscle and blood and skin and bones.
a mind that’s a-weak and a back that’s strong.

花の名前

花の名前

暗い夜。
彩りの色。
名も知らぬ花。

grid

市松

たゆる蝋燭の火。
暗がりに溶けそうな夜。
乾杯は古いロックと安いアイリッシュ。

河を渡ろう

橋

西の果てから。
東の果てまで。
休みもなく。

水鏡

水鏡

夕凪の時間。
乾杯の少し前。
おやすみなさい、また後で。

sparkle

泡モノ

I don’t like U.
I don’t dislike U.
Because I don’t wanna think about U.

宿り木の話し相手

相棒たち

黄色。
緑。
かつての相棒たち。

ハザクラ・ヨザクラ

葉桜

葉桜。
夜桜。
暮らした場所は壁の向こう。

園に続く道

幼稚園への道

冬の陽気の日に。
嬌声のない時間の門。
夜はこれから。

櫻舞

枝垂櫻

流れ落ちる櫻色。
今宵の肴は貴方の悪口。
手向けの華は花吹雪。

桜色

白い空。
冷たい風。
霧雨煙る静かな日。

蒼櫻

蒼櫻

鳥の声。
朝の香り。
堕ちてくる蒼。