8 bears

時計代わりのTV
1日中ゴロゴロして過ごすのも
悪くはないよね

4 Comments »

  1. Kei Arima より:

    ナビのTVまで砂嵐になろうとは。
    驚いた。

    バルセロナが好きなの?
    とても大きい街
    白いゴリラが死んだ
    おばあさんだったんだね
    冬になると雨ばかり
    暖かい雨。 

  2. より:

    ナビTVも地デジ化必須なんですねー。
    クルマでTV観ないので気づきませんでした。

    えと、フロケットはじいちゃんだったと思います。

  3. Kei Arima より:

    阪神大賞展観ようと思ったら砂嵐でびっくり。
    故障かと思った。

    じいちゃんでした。
    子供いっぱいいるみたいなので
    マリアテレジアと間違えました。

    横浜在住ですか。
    横浜に行くつど地震に遭います。
    嫌われているらしい。
    ぼんふぁむ変わったし。

    写真あっても無くてもずっと同じテイストだね。だから懐かしかった。

  4. より:

    マリアテレジアw

    横浜在住だったのはちょっと前です。
    ぼんふぁむは場所が変わって接客も変わったらしいですねー。

    あー、なるほど。そういう味つけは変えられないですね。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

茜色

夕暮

いつかの色と同じ。
ヘッドホンを耳に当てる。
あの日の歌が鳴っている。

空海

蒼空海

砂浜。
波の音。
そんだけあればいい。

夏の散歩道

夏の散歩道

夕凪。
潮の香。
遠くに聴く嬌声。

dry county

Lynchburgの彼

a poor man’s made outta muscle and blood.
muscle and blood and skin and bones.
a mind that’s a-weak and a back that’s strong.

花の名前

花の名前

暗い夜。
彩りの色。
名も知らぬ花。

grid

市松

たゆる蝋燭の火。
暗がりに溶けそうな夜。
乾杯は古いロックと安いアイリッシュ。

河を渡ろう

橋

西の果てから。
東の果てまで。
休みもなく。

水鏡

水鏡

夕凪の時間。
乾杯の少し前。
おやすみなさい、また後で。

sparkle

泡モノ

I don’t like U.
I don’t dislike U.
Because I don’t wanna think about U.

宿り木の話し相手

相棒たち

黄色。
緑。
かつての相棒たち。

ハザクラ・ヨザクラ

葉桜

葉桜。
夜桜。
暮らした場所は壁の向こう。

園に続く道

幼稚園への道

冬の陽気の日に。
嬌声のない時間の門。
夜はこれから。

櫻舞

枝垂櫻

流れ落ちる櫻色。
今宵の肴は貴方の悪口。
手向けの華は花吹雪。

桜色

白い空。
冷たい風。
霧雨煙る静かな日。

蒼櫻

蒼櫻

鳥の声。
朝の香り。
堕ちてくる蒼。