三日月

曇り空の三日月。
走り抜ける風。
潮の香りと砂の感触。

2 Comments »

  1. Kei Arima より:

    一段落したらもう朝だ。夜中仕事の癖がつくのはよろしくないことです。

    カイトいいなあ。
    波が荒いね。どこかなあ。カイトの色が渋いのはリアル?フェイク?(聞いちゃいけないか)
    波の高い海は離れて見るだけで十分こわいのに
    潜る方は長年やってるんで結構平気。
    でも、11月近くなって、荒れた灰色の海で、船べりから後ろ向きに飛び込むときは
    「金出して、何やってんだあ?」と思うことも。

    何年か前の6月にセヴィーリャから地中海目指してドライブ。ひまわり→砂漠→海
    彼方に見えた地中海でいっぱい見たカイトは全部赤だったな。バルセロナ、好きな店あった?

  2. より:

    夜中仕事は進んじゃうだけにクセにしちゃいけませんねー。

    湘南らしくなく荒れた海ですが、どこも加工抜きなのでリアルっすね。
    潜りはやったことないので怖いですね。

    バルセロナで好きだった現存する店はグエル公園のカフェくらいすね。
    通貨がペセタだった頃は、日本人相手には日本語でお会計の金額を言うのがなんかくすぐったくて好きでした。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

茜色

夕暮

いつかの色と同じ。
ヘッドホンを耳に当てる。
あの日の歌が鳴っている。

空海

蒼空海

砂浜。
波の音。
そんだけあればいい。

夏の散歩道

夏の散歩道

夕凪。
潮の香。
遠くに聴く嬌声。

dry county

Lynchburgの彼

a poor man’s made outta muscle and blood.
muscle and blood and skin and bones.
a mind that’s a-weak and a back that’s strong.

花の名前

花の名前

暗い夜。
彩りの色。
名も知らぬ花。

grid

市松

たゆる蝋燭の火。
暗がりに溶けそうな夜。
乾杯は古いロックと安いアイリッシュ。

河を渡ろう

橋

西の果てから。
東の果てまで。
休みもなく。

水鏡

水鏡

夕凪の時間。
乾杯の少し前。
おやすみなさい、また後で。

sparkle

泡モノ

I don’t like U.
I don’t dislike U.
Because I don’t wanna think about U.

宿り木の話し相手

相棒たち

黄色。
緑。
かつての相棒たち。

ハザクラ・ヨザクラ

葉桜

葉桜。
夜桜。
暮らした場所は壁の向こう。

園に続く道

幼稚園への道

冬の陽気の日に。
嬌声のない時間の門。
夜はこれから。

櫻舞

枝垂櫻

流れ落ちる櫻色。
今宵の肴は貴方の悪口。
手向けの華は花吹雪。

桜色

白い空。
冷たい風。
霧雨煙る静かな日。

蒼櫻

蒼櫻

鳥の声。
朝の香り。
堕ちてくる蒼。